ワンディセミナー「冬のハンドケア」

0

    ワンディセミナー【冬のハンドケア】1月から開講します。

     

    冬は手荒れの季節。

    室内が乾燥しがちなこともありますが、

    お湯(温水)で洗い物をしたり

    事務仕事で紙を触っていると、

    もう思いっきり手がガサガサです。

     

    このセミナーでは、

     

    ☆フワフワですっと肌になじむ(昼用)

    ☆お休み前にしっかりうるおう(夜用)

     

    2種類のハンドクリームを

    お好みの精油を入れて作ります。

     

    精油は含まれている成分によって

    期待できる作用はさまざまです。

     

    香りを楽しむだけでなく、

    リラックス、安眠、抗菌など

    目的に合わせて精油を選びましょう。

    お勧めレシピのご紹介や、

    精油の選び方も説明します。

     

    アロマセラピーは、

    自己責任で楽しむことが原則です。

    植物の生命力を凝縮した精油は

    少量で強く作用することもあります。

     

    そんなお話とか、

    寝る前に5分でできるハンドマッサージ

    安眠のための豆知識

    などもお伝えする予定です。

     

     

    ***********************************

    所要時間 約90分

    ご都合に合わせて開催します。

    どうぞお気軽にお問い合わせください。

     

    場所

    西新宿 Atelier Hedgehog サロン

    ※お申し込み後に詳細をお知らせします。

     

    費用 3,000円(税込 3,300円)

     

    定員 3名様

    お一人様から開催します。(女性限定)

     

    お申し込み

    メール または サイトからお願いします。 

     

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    10秒ポーズ

    0

      理学療法士/フィジカルセラピストの

      福田裕子さん(福井のゆうこりん)が

       

      一生歩ける身体を作る10秒ポーズ健康法

       

      をサンマーク出版から出版しました。

       

      10秒ポーズ健康法は、

      今までの体操や健康法とは全く違う

      メソッドと思想を持っています。

      詳しくは、裕子さんのサイトへどうぞ。

       

      現在私は、

      10秒ポーズセラピスト養成講座を

      受講しています。

      最初の頃は??という感じだった

       

      10秒間止める

       

      ということの意味がジワジワと

      理解できつつあるような感じです。

       

      もちろん

      筋肉強化や健康維持や老化防止に

      役立つものなのですが、

      思いがけず過去の体験が蘇ったり

      心の深いところをのぞき込むような

      体験をしています。

       

      10秒ポーズを取ることで、

      「自分」の輪郭を感じて理解できます。

      自分で体験して理解することで、

      身体の状態(筋肉、動き、痛みなど)

      心の状態(安心、焦り、悲しみ、希望など)

      さらに自分が目指している生き方なども

      自分で知る(見つける)きっかけになるのです。

       

      そんな10秒ポーズ健康法

      多くの方に知って体験していただき、

      より健康的で明るい人生を送って

      いただきたいと願っています。

       

      2020年早春、

      東京へ福田裕子さんをお招きして

      10秒ポーズ体験会を開催します。

      場所・日程・参加費などについては、

      決まり次第このブログでお知らせします。

      ご案内をご希望の方は、

      こちらから氏名・メールアドレスをお知らせ下さい。

      Atelier Hedgehog サイトの

      お問い合わせフォームもお使いいただけます。

       

      2020年春以降、Atelier Hedgehog サロンでは

       

      ◎10秒ポーズのメソッドを取り入れた個人セッション

      ◎月一回程度の勉強会(シェア会)

      ◎福田裕子さんとコラボセミナー

       

      などを予定しています。

      詳しくは、また語ります。

       

      ◎◎◎ Atelier Hedghog ◎◎◎

       

       

      JUGEMテーマ:コラム


      添加物

      0

        旅先で、道の駅やJA直売所を覗くのも楽しみです。

         

        素朴な手作りのお菓子や惣菜

        初めて見る南国っぽい魚

        麻袋にぎっしり入ったサツマイモ

         

        よく訪れる高知はお茶の産地なので、

        毎回のようにどっさりの茶葉を

        スーツケースに詰め込みます。

         

        どこへ行っても思うのは

        観光客向けの「お土産品」って、

        小綺麗にドレスアップしているなあ

        ということです。

         

        あれこれ商品(食品)を物色していて

        何気なくパッケージ裏面をチェックすると、

        かなりの確率で添加物が入っていることに

        気づきます。

         

        コスト削減とかの理由があるのだろうが、

        素人の私には意味がわからないものが

        多いです。

         

        例えば、貝や昆布の佃煮の場合。

        貝も昆布も旨み成分を持っているのに、

        なぜさらにアミノ酸系調味料を加える?

        もしかしたら、

        原料がスカスカで味がないの?

         

        そういえば、消費者は一口食べて

        「これはうまい!」と思わないと買わない

        と聞いたことがあります。

         

        一口目が勝負だとすると、

        より濃厚に

        よりスパイシーに

        より香りを強く・・・

        どんどんエスカレートしそうですね。

         

        以前、家人が旅行へ行くと時々、

        高速のサービスエリアで

        塩辛やふりかけを買ってきました。

         

        「試食して美味しかったから!」と

        さっそく食卓に載せてみると

        あ〜ら、ガッカリ・・・

        ということが何度かありました。

         

        いろいろな添加物を加えた食品を

        製造販売している人たちは、

         

        「この味が売れるんだよ!」ではなく

        「これは本当に美味しいなあ!」と

        心底思うのでしょうか?

        謎です。

         

        自分でパンを作るようになってから、

        市販のパンの添加物も気になります。

         

        なるべく添加物のないものを

        選んで食べるようにしていますが、

         

        自覚をしていないだけで

        私の身体にはたくさんの毒が

        蓄積されているはずだよなあ・・

        なんて思ったりもします。

         

        ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

         

         

        JUGEMテーマ:コラム


        眠る

        0

          以前、私はよく眠れる人でした。

          気がかりやストレスがあるときも、

          眠ろうと決めたらぐっすり眠れました。

           

          それが5年ほど前、

          気づいたら眠れなくなっていました。

          いったん寝付くものの

          夜中に目覚めたら朝まで眠れない・・

          そんな日が続くと

          身体はだるいし気分も沈みます。

          驚いたことに、

          一ヶ月で3キロ体重が落ちました。

           

          思い当たる原因は

          仕事仲間に騙されたことです。

          金銭的に大打撃でしたが、

          それよりも精神的に応えました。

           

          ところで、不眠です。

           

          いわゆる「薬」も飲んでみました。

          確かに眠れるんだけど、

          身体全体が麻痺しちゃう感じが

          何だかとても不快で止めました。

           

          そもそも薬を飲んでも

          私が置かれた状況は改善しないので、

           

          私の気持ちや状況を変えなくては

          何をしても根本的な解決にならない、

          ということなのですね。

           

          全てを水に流して新しい気持ちで・・

           

          こう言うのは簡単ですが、

          人間の心は複雑でデリケート。

          短時間ではなかなか解決しないかな。

           

          ともあれ、この数年間をかけて

          自分を実験台に「眠り」を追求しました。

          生活習慣、食べ物、寝具、香り・・・

          自分なりの「眠りのポイント」を

          見つけつつあります。

           

          たぶん誰にでも当てはまるのは、

          眠れない自分を責めない

          ということかなと思うのです。

           

          ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

           

           

          JUGEMテーマ:コラム


          なれる

          0

            9月の記事 感覚〜その2 の続き。

             

            五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・皮膚感覚)のうち

            嗅覚だけは受けた刺激(情報)を

            すぐに大脳辺縁系(本能)へ伝えます。

             

            他の4つの感覚については

            情報はまず大脳新皮質(理性)へ伝えられ、

            それから本能に情報が手渡されます。

             

            聴覚以外の感覚は、

            本人の体験や知識や思い込みから作られる

            その人独自のフィルターを通している

            ということなのです。

            だから、

            自分が見たいものが見えてしまうし

            聞きたい音や声が聞こえてしまう

            そんなことも起こります。

             

            嗅覚は何のフィルターも持たないので、

            ニオイの成分に本能が鋭く反応します。

            敏感なことを「鼻が利く」と言うし。


            ところが私たちの感覚は全て、

            同じ刺激に晒されていると

            なれる、というか麻痺してしまいます。

             

            例えば、

            隣の人の声も聞こえない騒音や

            チカチカ点滅する強烈なライトや

            船の上で四六時中揺れることや

            刺激が強かったり濃い味付けや

            一面に漂う強烈なニオイ・・・

             

            最初は不快さを感じていても

            だんだん気にならなくなった

             

            そんな体験はありませんか?

             

            その刺激から離れてみると

            いかに強い刺激に晒されていたか、

            初めて気づいたりします。

            刺激に慣れて麻痺するのは

            生き延びるためでもあるけれど

             

            自分を見失わないために、

            もともとの自分の感覚とか

            ニュートラルな状態のことを、

            知っておくと良いだろうと思います。

             

            「慣れると麻痺してしまう」は

            影響されたり感化されたりでもあり、

            考えてみるとちょっと怖いです。

             

            言葉の使い方

            日常の動作

            生活の習慣

            価値観などなど

             

            知らず知らずに影響されて

            誰かに乗っ取られたかのような・・

             

            「ハッ!」と我に返ることのできる

            環境や時間を持つことが

            必要だなあと痛感しています。

             

            ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

             

             

            JUGEMテーマ:コラム



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:835 最後に更新した日:2020/01/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM