サロンだより

0

    Atelier Hedgehog

    西新宿のプライベートサロンです。

    マンションのリビングで、

    個人セッションや少人数のセミナーをしています。

     

    今のところ、サロンはほぼ女性専用です。

    カフェ等への出張や

    ZOOMやSkypeでの対応もしています。

    遠方のお客さまや男性のお客さまも、

    お気軽にお問い合わせ下さい。

     

    数秘学とタロットの個人セッションを始めて

    13年めになりました。

    占星術やチャネリングやヒーリング・・

    以前は何しろスピリチュアル全開な人で、

    今思えばアンバランスだったと思います。

     

    8年ほど前に

    心と身体の両方が健康的でいること

    の重要さに気づき(ようやく!)、

    ハーバルセラピーやアロマセラピー

    漢方などの東洋的なメソッド

    老化防止や疲労を和らげる

    セルフケアなどもお伝えしています。

     

    サロンへいらっしゃるクライアント様は

    アグレッシブに何かを求めるというより、

    ご自身が辿る道筋や信念

    人としての在り方や生き方を

    深く考えている方が多いようです。

     

    瞬時に問題を解決したり

    悩みを肩代わりすることは無理ですが、

    もつれた糸を解きほぐしたり

    クライアント様ご自身が

    健康的な未来を見つけて

    ご自身で一歩を踏み出すきっかけになる

    セッションやセミナーを目指しています。

     

    私自身は、

    数多い強烈な挫折を体験しました。

    人生の目的が「体験すること」なら、

    私の人生はなかなか興味深いです。

    ここら辺のお話は、

    お目にかかってお話ししましょう。

     

    表参道のファーマーズマーケットで

    小さなリースを見つけました。

    丁寧に細工されたものや小さなアート、

    サロンにはそんなものたちが

    集結しつつあります。

     

    2020年は新たに、

    ☆漢方の養生をテーマにしたセミナー

    福井のゆうこりんとのコラボセミナー

    などを始める予定です。

     

    ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    つれづれ

    0

      まだ都庁が新宿に移転する前、

      数年間だけ丸の内で働いていました。

       

      ずいぶん前のことだけど、

      今とは何もかも違っていたなあと

      思い出して感慨にふけったりします。

       

      団扇のように大きなフロッピーディスク

      カチカチと打ち出されるテレックス(知ってる?)

      セクハラやパワハラという言葉もまだなく、

      日本経済は拡大し続けていくと

      誰もが思い込んでいた時代でした。

       

      デパートは18時頃までの営業。

      定時退社して銀座まで走っても

      仕事の日はゆっくり買い物など

      できなかった記憶もあります。

       

      有楽町界隈は銀座の隣ですが、

      雰囲気はちょっと違って

      庶民的というかガード下な感じでした。

       

      丸の内とは縁がなくなってから

      久しぶりに有楽町を訪れたとき

      (たぶん15年くらい前)、

      まるで外国の街並みのように

      生まれ変わった有楽町に

      とても驚いた記憶があります。

       

      姿を消してしまうと、

      かつてそこに何があったのか・・

      記憶はどんどん風化します。

       

      街並みだけでなく、

      もしかしたら「その頃の自分」も

      風化しているのかもね。

      時には「忘れる」ことは

      救いでもあると思うのですが。

       

      それはさておき。

       

      先日、有楽町駅まで行く用事があり、

      その昔ランチタイムに通った甘味おかめ

      寄ってみました。

       

      お店はきれいになっていましたが、

      雰囲気もインテリアもメニューも

      キビキビした店員さんも当時のまま。

      注文したソフト白玉ぜんざいは、

      当時と変わらない美味しさとボリューム!

      何となく自分を思い出したようで、

      たいへんホッとする時間を過ごせました。

       

      以前は、茶飯おでんの後に杏あんみつ・・・

      そんな無謀な食べ方をしたものです。

      今はとてもそんなことは無理ですが、

      甘味は別腹!ですものね。

       

      師走の空気は、

      何となくソワソワと落ち着きません。

      こんな時こそ慌てず騒がず、

      ゆったりと過ごしたいです。

       

      JUGEMテーマ:コラム


      本質

      0

        数秘学にも考え方がいろいろあり

        流派(?)もたくさんあるのですが、

         

        私が取り組んでいる数秘学では、

        生年月日の数と氏名の数を合わせた

        「成熟数」というものを読み取ります。

         

        成熟という名の通り、

        その数と持ち主が共に生きることで

        成熟数は育ち、生きることに熟達し、

        持ち主の頼もしいパートナーになります。

         

        自分で積み重ねた(身につけた)体験や

        見いだした知恵や真実は信頼できる、

        ということでもあります。

         

        成熟数を生かせるようになるのは、

        だいたい36歳以降だと言われています。

        人生の体験がその人を育てるので、

        当たり前のことかも知れません。

         

        面白いもので成熟数の作用によって、

        若い頃に苦手だったものごとが

        いつの間にかスラスラこなせたり、

        その人の良さや個性を際立たせる要素が

        どんどん育つことが多いみたいです。

         

        ほとんどの人は、生きる目的や

        手応えを感じられる生き方を

        見つけようとするものです。

        しかし、

        自分の本質を理解できなければ

        自分らしい生き方を見つけるのは

        難しいかも知れません。

         

        じゃあ、

        自分の本質を知るためには

        どうすれば良いのか?


        数秘学やタロットからも、

        役立つ情報を見つけられるでしょう。

        ただ、せっかくの情報を生かすには

        思考や感情の理解だけでなく、

        身体でも理解する必要がある・・

        そんな風に思うようになりました。

        人は心と身体から成り立っているのだし。

         

        心が何を考えてどのように感じているか

        身体がどう感じて何を望んでいるか

         

        簡単なようですが、

        これを見つけるのはとても難しいです。

         

        なぜなら、

        考えたり感じたりせずに生きる方が

        悩むことなく楽に生きて行かれるから。

        それに、

        私たちは思い込みや常識やしがらみなど

        さまざまな余分なものを纏っています。

        ときには、誰か他の人の価値観を

        自分のものだと勘違いもしています。

         

        まだ練っているところですが

        自分の本質を見つけるためのワーク、

        形になりそうな感じです。

         

        今日は新月なので、決意してみました。

         

        JUGEMテーマ:コラム


        クリスマス

        0

          今朝、バイロンと散歩をしていたら、

          犬友だちにばったり出会いました。

          バイロンと仲良しだったその家のワンコは

          夏にお空へ帰ってしまい、

          顔を合わせるのは久しぶりです。

           

          イイコイイコしてもらったバイロンも

          イイコイイコしてくれた友だちも、

          どちらにとってもうれしい

          クリスマスプレゼントになりました。

           

          キリスト教の学校に通ったので、

          キリスト教の行事とストーリーは

          身体の奥に染みこんでいます。

           

          キリストが生まれたとき、

          占星術の学者たちと羊飼いが

          ベツレヘムへやって来ました。

          学者が星を読み解くのは当然ですが、

          おそらく貧しくて無学な羊飼いたちが

          その予兆を受け取ることができた・・

          というあたりにグッときます。

           

          私はクリスチャンではないので、

          クリスマスについて

          深い理解や共感はしていません。

          でも、寒い冬の夜に

          家族や親しい人と楽しく過ごすのは

          大好きです。

           

          本当は、穏やかで平凡な毎日が

          いちばん幸福なのだと思います。

          とはいえ、

          今日のバイロンはごちそうをもらって

          大満足で眠りについたのでした。

           

          皆さんも、よく眠れますように。

           

           

          JUGEMテーマ:コラム


          浸かる

          0

            今日は冬至。

            東京では、

            予報通り冷たい雨が降っています。

             

            普段あまり意識をしなくても、

            季節は暦通りに移り変わります。

            冬至の今日を境に

            昼間の時間はちょっとずつ伸びて、

            春へ夏へと向かっていきます。

             

            冬至といえば柚子湯ですね。

             

            冬は、寒さに縮こまる季節です。

            冷えて疲れた心身を癒やす

            一日の終わりのバスタイム、

            積極的に活用したいものです。

             

            今から10年前、

            私はとにかく不安で焦っていて

            シャワーを浴びるだけで精いっぱい。

            浴槽に浸かることもできませんでした。

             

            それから時が経って

            私も少しは学習したので、

            ひどく身体が疲れたり

            心がダメージを受けたときこそ

            ゆっくり浴槽に浸かります。

             

            入浴剤があると楽しいです。

            最近よく登場するのは、

            死海の塩

            エプソムソルト(硫酸マグネシウム)

            乾燥させた生薬

            精油と乳化剤

            日本酒

            などなどです。

             

            疲れて気分が塞いでいた日に

            思いついて死海の塩を使ったら、

            嫌な気分も身体の疲れも

            抜けていくのを感じました。

            硫黄分の強い岩塩なども、

            けっこう強力な感じです。

             

            そうそう、

            精油を入浴剤として使うときは

            必ず乳化剤を使って下さいね。

            精油は水(お湯)に溶けません。

            市販の乳化剤(分散剤)でも良いし、

            粗塩をひとつかみ入れてもOK。

             

            免疫力を高めるためには

            熱めのお湯が良いそうですが、

            心臓がドキドキしちゃうし

            かえって疲れてしまうので

            我が家は38〜39℃くらいです。

             

            ぬるめのお湯に浸かっていると、

            身体の疲れも溜まった感情も

            手先や足先から溶け出します。

             

            気分が荒れてどうしようもないとき、

            浴室の電気を消して入浴すると

            嘘みたいにくつろげます(私の場合)。

             

            入浴は、内省的な時間でもあります。

            忙しくてのんびり風呂に入れないよ!

            というあなたも、

            できれば週に一度くらいは

            お湯に浸かってボンヤリする時間を

            持てると良いなあと思います。

             

            ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

             

             

             

            JUGEMテーマ:コラム



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:835 最後に更新した日:2020/01/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM