ハーバルタロット2014.6.26

0
    The Herbal Tarot を手に入れました。
    ウェイト版をベースに、ハーブや薬草、生薬が描かれたタロットです。
    ハーバルセラピストのマイケル・ティエラが作ったカード。
    植物はかなり正確に描かれていて、色合いも美しいです。
    これから「今日の一枚」を引いて、カードのメッセージを読み解いていこうと思います。

    カップの42014年6月26日のカードは、カップの4。
    カップ(聖杯)は、感情や水を象徴するエレメント(元素)です。ハーブは、バードック(ゴボウ)。

    4つのカップの前に、赤いドレスを着た女性が座っています。
    裕福な暮らしをしているように見えます。
    カップの中身は、冷たい水? それとも美味しいワイン?
    彼女にとって、必要なときに望むものが手に入る環境は、当たり前なのでしょうね。

    数秘学で4のキーワードは、安定・日常・現実・土台、など。
    彼女は、満ち足りた日常に慣れてしまい、退屈しているのかも知れません。

    何か、目新しくて刺激的なものはないかしら?
    今の退屈な暮らしには、もううんざり。
    誰か素敵な人と出会って、どこか遠くへ冒険に行きたいわ・・・

    いやいや、ちょっと待て。
    このカードは、いま置かれている現実を客観的に見つめ、その価値(意味)を理解するよう促しています。
    雲の中から差し出されたカップの水を飲むことで、どんよりと停滞している心がスッキリとする、という感じもします。
    スッキリとして曇りのない目で見回せば、きっと新たな目標や張り合い、幸福も見えてくるでしょう。

    バードック(ゴボウ)は、浄化のハーブです。
    第六の栄養素、食物繊維でもあります。
    ゴボウを食べて、感情の詰まりも、血液やリンパ液の詰まりも取り除きましょう。

    JUGEMテーマ:タロット占い

    0
      榊
      榊を育てています。
      そのうちの何本かは、一昨年の神事で【玉串】として使った小枝を育てたものです。
      なかなか健気です。

      榊はモッコク科の常緑樹、葉っぱは楕円形でツヤツヤしています。
      春〜初夏にかけて白い小さな花が咲き、秋には実を付けます。
      榊は、自己主張しないけれど、清々しく頼もしい木です。
      いつも緑の葉っぱを付けている常緑樹は、それだけで「魔除け」だと思います。
      神様へ捧げる玉串や、依り代として使われるのも当然ですね。
      見えない世界と人間の世界をつなぐ、という意味もあるのでしょう。
      榊の花言葉は、揺るがない、控えめ、など。
      うわずった心を、すっと落ち着かせる、そんな静かさも感じます。

      丈夫で世話も難しくないので、皆さまも榊を育ててみませんか?
      緑があると、それだけで心が和みますよ。

      JUGEMテーマ:園芸

      ミントティー

      0
        JUGEMテーマ:ハーブ

        ベランダで、ペパーミントを栽培しています。
        小さいプランターですが、モサモサと元気に生長しています。
        DSC00267.JPG

        ペパーミント:Peppermint) 和名:西洋ハッカ  学名:Mentha  piperita L
        作用:賦活、鎮痙、抗菌、駆風、利胆
        適応:眠気・集中力欠如、腹部膨満感、鼓腸、食欲不振、過敏性腸症候群、不眠、気分転換にも

        先日、摘み立ての葉っぱを使って、ミントティーを飲んでみました。
        ええっ!! こんなにたくさん使うの? と思うくらい大量の葉っぱ(よく洗って茎ごと)を使うことがポイントです。
        ドライハーブとは全く違う味わいで、抽出を待つ時間も楽しい体験でした。
        ペパーミント以外にも、スペアミント、アップルミント等、たくさんの種類の苗が販売されています。
        ミント類はとても丈夫で生長も早いので、「植物は世話が面倒で・・・」という方にもオススメです。
        いい香りだし、葉っぱの活用方法も無限大です。

        ハーブの体験会(レクチャー)も企画しています。
        お問い合わせはお気軽に、info@keiryu-sha.com までどうぞ。

        化石はロマンティック

        0
          化石の成り立ちを、うんと大ざっぱに説明すると
          生物の遺骸が地層に閉じ込められ、主に硬い組織(骨、歯、殻など)が鉱物に置き換わったものです。
          もちろんそれだけではなく、木の葉や皮膚の形が化石になったものなど、さまざまなケースがあります。

          この仕事を始めるまで私は、「普通に化石を売っている」とは知りませんでした。
          化石は博物館でしか見られない、と思い込んでいたのですね。
          もちろん、稀少で学術的に価値があるものを買うのはとても難しい(高価だし)けれど、化石に詳しい業者からは、比較的安価で状態が良い化石を手に入れられるのです。
          化石は、石(鉱物結晶)とは違った楽しみがあるような気がします。
          何しろ化石は、数千年前〜数億年前に地球上で生きていた生物、なのです。
          実際に生きていた動植物が、どんな巡り合わせかわからないけれど私の目の前に来た。
          そう考えると、本当に不思議です。
          ロマンティックでもあります。
          個人的には、貝やカニのような、一目見てそれが何の化石かわかり、形がカッコイイものが好きです。



          写真は、サンゴの化石です。
          サンゴの化石自体は、珍しいものではありません。
          このサンゴは、長い間水中にあったらしく(川で拾われたそうです)、水で磨かれたすべすべの小石のようです。
          ポコッと外れたところもあるし、水が磨いた模様もきれい。

          化石は、たいていの場合、ひっそりと地味に佇んでいます。
          もしも化石を見かけたら、ぜひ、その化石が辿ってきた年月に思いを馳せて下さいね。

          JUGEMテーマ:鉱物 化石

          夏至

          0
            JUGEMテーマ:コラム


            今日は、立春から始まった二十四節気の10番目にあたる「夏至」です。
            北半球では、一年のうちで昼が一番長い日。
            今日を境として昼がだんだん短くなり、季節は冬に向かっていきます。
            ・・・といっても、本格的な夏はこれからだし、あまり体感としては感じられませんね。
            同じような日の繰り返しだと感じても、実は季節は(時間)は着実に移り変わっていきます。
            二度と来ない「今日」をきちんと生きないとね。

            みなさまも、良い一日をお過ごし下さい。
             


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 「宝石の写真図鑑」
              emi
            • 「宝石の写真図鑑」

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:928 最後に更新した日:2020/08/12

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM