4月のエネルギー

0

    気づけば、4月。

    この2ヶ月、

    時間のスピードがいつもと違う感じがします。

    あっという間に一日が過ぎていたり、

    反対に時計がゆっくり進むように感じたり。

     

    暢気に2020年を語っていたのが、

    まるで夢のようです。

    世界中の誰もが、

    生まれて初めての体験に投げ込まれています。

     

    数秘学的に2020年4月の根底には、

    圧倒的な力を持つ8のエネルギーが

    流れています。

     

    そもそも2020年を通して流れているのは、

    生きる意味や人生そのものを象徴する

    4のエネルギーです。

    さらに今月は4月なので、

    その意味は倍増される感じがします。

     

    今まで当たり前だったことが

    簡単にひっくり返ったり。

    思いもよらぬできごとが

    次々と起こったり。

     

    でもこれは

    いきなり起こったのではなく、

    前々から続いていたできごとが

    表面化したのかも知れません。

     

    世界規模で起こっていること

    日本での動きも

    個人レベルのできごとも。

     

    逃げたり目を背けたのでは

    根本的な解決には繋がらず、

    いつかまた同じような問題に

    直面するかも知れません。

     

    いま起こっていることに

    きちんと向かい合うこと。

    今日を丁寧に生きること。

     

    当たり前のことですが、

    今月は特に意識したいです。

     

    そして、現在の積み重ねから

    未来が創られることを

    忘れずにいましょう。

     

    ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

     

    JUGEMテーマ:コラム


    3月のエネルギー

    0

      3月になりました。

      2020年になって、ふと気づいたら

      世の中全体が目に見えない不安に

      覆われてしまっています。

       

      数秘学的に、2020年3月の根底には

      精神性・哲学・神秘的・英知・集合意識

      などのキーワードを持つ、

      7のエネルギーが満ちています。

       

      7は進む力を持っていますが

      それは「心の内側」に向けられるので、

      ときには現実が見えなくなったり

      自分が創り出した幻影に惑わされる

      ことがあるかも知れません。

       

      コロナウイルスという姿が見えない、

      しかも正体がわからない相手を

      不安に感じることは当然です。

       

      けれど、不安は不安を呼び

      根拠のない恐れや妄想を

      どんどん増殖させます。

      こんな時こそ、

      身体(特に足もと)に意識を置いて、

      落ち着いて毎日を過ごしたいものです。

       

      3月の「3」自体は、

      今まで隠れていたものごとを

      良くも悪くも表面化させる・・

      そんな作用を持っています。

       

      今まで棚上げにしていた問題が

      浮上してくる時でもありそうです。

      なかなか大変ではありますが、

      その問題から逃げずに向かい合えば

      身の回りの風通しを一気に良くする

      きっかけにもなるのですね。

      実は、チャンスなのです。

       

      ともあれ、

      栄養・十分な休養・適度な運動

      プラス「明るい気持ち」を忘れずに

      落ち着いて過ごしましょう。

       

      コロナウイルスの流行は、

      やがて治まっていきます。

      私たちの体験や感じたことは、

      「コロナ後」に生かす知恵になるでしょう。

       

      JUGEMテーマ:コラム


      2020

      0

        2020年がやって来ました。

         

        昨日の続きの今日なのに、

        雰囲気が改まった感じがするのが

        ちょっと不思議です。

         

        毎年12月25日を過ぎると、

        世の中は突然「年末モード」に入ります。

        それまでクリスマス一色だったのにね。

        切り替えの早さについて行けず、

        ボンヤリと過ごしてしまいました。

         

        ともあれ。

        数秘学的に2020年の根底には、

        人生そのものを連想させる

        4のエネルギーが満ちています。

         

        4という数には、

        安定や土台というイメージがあります。

        4本脚の頑丈なテーブルのように、

        飾りを全て取り去った基本的な要素や

        ものごとの本質も象徴しています。

         

        だから、これからは

        ものごとの本質や根本を知ることが

        より大切になってきそうです。

         

        2019年最後の驚きは、

        ゴーン氏がこっそり日本を脱出して

        レバノンへPJで乗り付けたこと。

        すでに、一個人の問題では

        なくなったような気がします。

        不安。

         

        数秘学では、

        誕生日(西暦)を使って

        その人の人生を読み解きます。

         

        2000年に入って、

        生年月日に「1」を持たない人が

        生まれるようになりました。

        2000年以降に生まれた人は皆、

        チャートに「2」を持っています。

         

        自我を象徴する「1」から

        受容や調和の「2」への変化。

         

        時代(というより宇宙が)向かう先が

        何となく見えてくるのは、

        まだまだ先のはずなのですが・・・

         

        おそらく、

        2を持って生まれる人たちの中から

        希望が芽生えてくるのでしょう。

         

         

        JUGEMテーマ:コラム


        本質

        0

          数秘学にも考え方がいろいろあり

          流派(?)もたくさんあるのですが、

           

          私が取り組んでいる数秘学では、

          生年月日の数と氏名の数を合わせた

          「成熟数」というものを読み取ります。

           

          成熟という名の通り、

          その数と持ち主が共に生きることで

          成熟数は育ち、生きることに熟達し、

          持ち主の頼もしいパートナーになります。

           

          自分で積み重ねた(身につけた)体験や

          見いだした知恵や真実は信頼できる、

          ということでもあります。

           

          成熟数を生かせるようになるのは、

          だいたい36歳以降だと言われています。

          人生の体験がその人を育てるので、

          当たり前のことかも知れません。

           

          面白いもので成熟数の作用によって、

          若い頃に苦手だったものごとが

          いつの間にかスラスラこなせたり、

          その人の良さや個性を際立たせる要素が

          どんどん育つことが多いみたいです。

           

          ほとんどの人は、生きる目的や

          手応えを感じられる生き方を

          見つけようとするものです。

          しかし、

          自分の本質を理解できなければ

          自分らしい生き方を見つけるのは

          難しいかも知れません。

           

          じゃあ、

          自分の本質を知るためには

          どうすれば良いのか?


          数秘学やタロットからも、

          役立つ情報を見つけられるでしょう。

          ただ、せっかくの情報を生かすには

          思考や感情の理解だけでなく、

          身体でも理解する必要がある・・

          そんな風に思うようになりました。

          人は心と身体から成り立っているのだし。

           

          心が何を考えてどのように感じているか

          身体がどう感じて何を望んでいるか

           

          簡単なようですが、

          これを見つけるのはとても難しいです。

           

          なぜなら、

          考えたり感じたりせずに生きる方が

          悩むことなく楽に生きて行かれるから。

          それに、

          私たちは思い込みや常識やしがらみなど

          さまざまな余分なものを纏っています。

          ときには、誰か他の人の価値観を

          自分のものだと勘違いもしています。

           

          まだ練っているところですが

          自分の本質を見つけるためのワーク、

          形になりそうな感じです。

           

          今日は新月なので、決意してみました。

           

          JUGEMテーマ:コラム



          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << July 2020 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 「宝石の写真図鑑」
            emi
          • 「宝石の写真図鑑」

          recommend

          links

          profile

          書いた記事数:912 最後に更新した日:2020/07/07

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM