園芸をしよう! 〜その1

  • 2015.02.09 Monday
  • 13:37

今までの人生で、6回ほど住まいを変えています。
全て東京都内の移動でしたが、いつも公園や雑木林や神社やお寺のすぐ側に住んでいます。
就学前から20代前半まで住んでいた家の敷地は、その昔は竹藪だったので、春先はタケノコを掘って食べたそうです。
当然のことながら自然はとても豊かで、木も草も勝手にどんどん増殖していき、自分で何か植物を育てようなんて思ったことはありません。
木や草はいつも身の回りにあって当たり前、当時の私は、それ以上の気持ちは持たなかったのですね。

時は流れて私もずいぶん大人になり、前回引っ越したとき、

植物をたくさん植えて、居心地の良い場所にしよう!

と決意して、それから私の園芸人生がスタートしました。
今思えば、天啓だったような気がします。

最初はプランも何もなく、ただ手当たり次第にいろいろな植物を植え付けました。
もともと大きな木が何本かあったので、あまり大きくならない木や、毎年咲く球根、多年草のハーブもたくさん植えました。
地面が足りないので、植木鉢やプランターも大活躍です。
試行錯誤しながら何年か経つと、自分の好みや能力(植物の世話に関して)がハッキリしてきたので、それからずいぶん楽になりました。
今は、丈夫で細かい世話を必要としない植物をメインに、きれいな花がたくさん咲く一年草、夏はプチトマトやキュウリなどを楽しんでいます。

植物の世話は、重労働です。
けれど、農耕民族の本能なのか、黙々と土まみれになって作業していると楽しいのです。
植物を育てることは、その場所を大切にして根付こうとする、ということかもしれないと思います。

まだまだ語れそうなので、つづきます・・・

JUGEMテーマ:コラム
JUGEMテーマ:園芸

植物たち

  • 2015.01.13 Tuesday
  • 15:26
桂龍舎のショールームは、賑やかな通りを一本入った静かな住宅街にあります。
同じ東京でありながら、私が生まれ育った場所とはずいぶん違います。
一番の違いは、雑木林や原っぱがない、ということですね。
私は、鬱蒼とした雑木林、野鳥が集まる川や池、原っぱや公園のそばで暮らしていました。
夏は、蚊の多さに皆さん辟易するのですが、それはさておき。

慣れの問題だと思いますが、私は、自分の周囲に木や草花がある方が好き。
疲れているときやイライラしているときは、植物の世話をすると気持ちが落ち着きます。
特に “癒やされる” ということではなくて、“自分を取り戻す” 感じでしょうか。
そんなわけで、この何ヶ月間か、口実を見つけては植物を増やし続けています。
基本的に緑の葉っぱが好きなので、同じような見かけの鉢植えが並んでしまいました。
ハーブが数種類あるので、心なしか良い香りが漂うような・・・
だんだん居心地の良い空間になりつつあります。
皆さん、遊びにいらして下さいねっ!

JUGEMテーマ:コラム
JUGEMテーマ:園芸


 

成長

  • 2014.07.18 Friday
  • 09:34

5月に植えた桐の苗が、着々と育っています。
会津からうちに来たときは、高さ40センチくらいだったのが、もう1メートルを超えています。


葉っぱも、とても大きい!
真夏には快適な日陰を作ってくれそうです。

JUGEMテーマ:園芸

フェイジョア

  • 2014.06.29 Sunday
  • 21:23
フェイジョア2フェイジョア1

玄関の脇に、何か大きな鉢植えがほしくて、あちこち探していました。
個性的でかわいくてちょっと珍しくて、という観点から見つけたのが、フェイジョア。
熱帯果樹なのに、寒さにも強いのですって、えらいねえ。
ところが、そのショップには身長180センチのフェイジョアしかなかったので、当然それをゲット。
ショップのお兄さんに「もっと大きな鉢に植え替えた方が良い」とアドバイスをもらったので、私が入れるくらいの植木鉢もゲット。
植え替えるときの苦労話もあるのですが・・・
無事に大きな鉢に落ち着いたフェイジョアは、玄関の脇でのんびりと佇んでいます。

そして、今日の夕方。
花が咲いていたのですねえ。
もう、うれしくって。

JUGEMテーマ:園芸

 

  • 2014.06.26 Thursday
  • 06:19
榊
榊を育てています。
そのうちの何本かは、一昨年の神事で【玉串】として使った小枝を育てたものです。
なかなか健気です。

榊はモッコク科の常緑樹、葉っぱは楕円形でツヤツヤしています。
春〜初夏にかけて白い小さな花が咲き、秋には実を付けます。
榊は、自己主張しないけれど、清々しく頼もしい木です。
いつも緑の葉っぱを付けている常緑樹は、それだけで「魔除け」だと思います。
神様へ捧げる玉串や、依り代として使われるのも当然ですね。
見えない世界と人間の世界をつなぐ、という意味もあるのでしょう。
榊の花言葉は、揺るがない、控えめ、など。
うわずった心を、すっと落ち着かせる、そんな静かさも感じます。

丈夫で世話も難しくないので、皆さまも榊を育ててみませんか?
緑があると、それだけで心が和みますよ。

JUGEMテーマ:園芸

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM