再会

  • 2019.07.21 Sunday
  • 05:57

Osho禅タロット 大アルカナ18

Past Lives 過去生

※※画像はOshoJapanから

お借りしました※※

 

私の遠い記憶の中には、

オアシスをラクダの背から眺めたり

甘くて濃いスパイスティーの香り

バザールの雑踏と男達の叫び声

・・・などが確かに残っています。

 

幼い頃から脳裏にありありと浮かぶ

その情景を説明しようとすると

母さんは怯えたような顔をするので、

いつも私は

中途半端に話を切り上げるのです。

 

そもそも私は、

一年の半分を氷に閉ざされる山奥の

機織り職人の家で育ちました。

きらびやかな王都に行ったことはあるけれど、

砂漠とかラクダとか照りつける太陽は、

吟遊詩人のお話の中のこと。

 

龍神を迎える大祭の日に、

私は僧院の前で拾われたのだそうです。

特別な日に拾われたのが男子であれば

龍神の子として僧院で育てられたはずですが、

女子である私はただの捨て子として

子供のない機織りの夫婦に貰われました。

 

目をつぶると鮮やかに浮かぶ異国の景色は、

うっとりすると同時にとても怖いのです。

いつかその景色を実際に見るだろう

という確信が自分の中に湧いて来ます。

 

私は、機織り見習いのアンナです。

育ててくれた両親と血縁はないけれど、

一緒に暮らした年月が

私たちの絆を深く撚り合わせました。

 

そうなんだけど。

それはわかっているんだけど。

 

その一方で、

照りつける太陽や砂漠の熱風の

私を呼ぶ声が聞こえるのです。

その呼び声は、どんどん大きくなっています。

行かなくちゃ。

私が過去に置いてきた何かと再会するために。

 

でも、父さんと母さんにどう話せば良いのだろう?

 

**************

 

ふだん意識しないけれど、

私たちは過去から未来へ続く

とても大きな繋がりの中で生きています。

 

曾祖父母、祖父母、両親、兄弟、子ども、甥姪・・

目に見えてわかりやすい関係者の他に、

あなたをこの人生に導いた潜在的な関係者は

実は無数にいるはずなのです。

 

そして、

私たちは数え切れないほど生まれ変わっている

という考え方があります。

 

わけもなく「懐かしい」と感じる人や風景。

わけもなく「怖い」と感じる状況。

繰り返し夢に現れる場所や匂いや思い。

 

ちょっと視点を変えて

自分の心の深みをのぞき込んでみると、

今ここで生きている不思議さと意味が

ほんの少し感じられます。

 

つまらない人生、価値のない人

そんなものはあり得ないのですね。

 

JUGEMテーマ:コラム

心眼

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 13:30

Osho禅タロット 水の4

Turning In 内側に向かう

※※画像は OshoJapan から

お借りしました※※

 

大都会は活力に満ちている。

多くのエネルギーが渦巻いていて

空気の色合いも刺激的だ。

 

同じ時間軸を生きているはずなのに、

山里の伸びやかで彩り豊かな空気と

慌ただしく騒々しい大都会の混沌は

すでに同じ次元とは思えないほどだ。

 

ふう。

都会の空気は揺らめいていて、

とても真実を見極めることができない。

おそらく、ここで生き延びるためには

心と感覚を遮断する必要があるのだろう。

 

私の側を足早に過ぎる人たちは皆、

心の目が閉じているかのようだ。

ここに座って3日過ぎようとしているが、

誰もが私の鼻先をかすめて通っていく。

 

心の目を開きさえすれば、

私がここにいるとわかるはずなのに。

 

一人の男が私の前で立ち止まった。

おや、お前は私を見ることができるのだね。

跪いた男は、

握りしめていた一輪の花をそっと置いた。

ありがとう、美しい花だね。

男は、私が差し出した手におずおずと触れる。

私の心と男の心が、光によって結ばれていく。

この男が進む道に光が満ちるだろう。

 

たった一人でも

心眼によって私と交流できるものがいれば、

私の行も甲斐があるというものだ。

 

ほら、あの男の内なる光が少しずつ広がっていく。

時間はかかるだろうが、この街にもやがて光が満ちる。

さてと、次の街へ行くとしようか。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

新月

  • 2019.06.03 Monday
  • 23:28

Osho禅タロット 大アルカナ20

Beyond Illusion 幻想を超えて

※※画像はOshoJapanから

お借りしました※※

 

目の前で繰り広げられる「現実」は

ひらひらと飛び回る蝶のように

華やかで移り気で魅惑的。

 

大抵の人は多かれ少なかれ、

優美に舞い続ける蝶に幻惑されて

知らず知らずに影響されている。

 

自分の心と身体がどう感じているか

本当はそれが最も大切なのだけれど、

 

蝶を見ているうちにだんだんと

自分も蝶になったような気持ちに

なってしまうのさ。

 

ほら、あそこにも

蝶を追って崖っぷちへ走って行く

人がいるよ。

 

私たちはね、

そういう危なっかしい人を見つけると

何とかして引き戻そうとするんだ。

けれどね、最終的には

本人の自由意思が尊重されるんだよ。

だから、

宇宙の深淵に落ちてしまう人が

後を絶たないんだ。

 

崖の手前で足を挫いたあんたは、

ひどく運が良かったんだよ。

今夜が新月だったからだろうよ。

昔から、

新月はその者の真理を映し出す

と言うからね。

 

さあ、この薬草茶を飲んで

今夜はここでゆっくりお休み。

 

 

新月のときに満ちている

空気感はとても不思議です。

目には見えない、

何かの気配をありありと感じます。

 

ブログを書いている私にとっても、

何かの区切りを感じる日でした。

まだまだ遠いけれど、

それは確実にそこにある・・

目を閉じて心の目を開くと、

確かに自分の真理を感じます。

 

詳細は改めてお知らせしますが、

6月16日(日)にセミナーを開催します。

そろそろ夏至だし、

今年の動向を見極めたり

カードを引いてみたり

楽しいアロマクラフトもしましょう。

 

JUGEMテーマ:コラム

  • 2019.05.17 Friday
  • 17:25

OSHO禅タロット大アルカナ10

CHANGE 変化

※※画像はOshoJapanから

お借りしました※※

 

宇宙の果てにあるという扉。

その扉を通り抜ける者は

進化の次の段階へと進む。

 

人は誰でも

生涯のうちにたった一度だけ

その扉と巡り会うことになる。

 

扉を選ぶか拒むか、

それはその人次第であるが、

ひとたび扉を拒んだら

どんなに探し求めても

その人の前に扉は二度と現れない。

 

扉に選ばれ、扉を選び、

新たな道へ踏み出す人は

幸いである。

 

その言い伝えは、

あなたも聞いたことがあるでしょう?

 

じゃあ、何世代にもわたって

その扉を探し求めている人々がいる、

という話を聞いたことはない?

 

実はね・・

私も、扉を探す旅に出ることにしたの。

いつか戻って来られるのか、

そもそもどこを目指しているのか

私にもよくわからないんだけどね。

ただ、

私を呼ぶ扉の声がとても懐かしくて。

だから、今までありがとう。

また会う日まで、どうぞ元気で。

 

姉妹のように親しかった友人が

はるかな旅に出て、

20年近い時が流れました。

彼女は扉と出会えたのだろうか?

そして新たに踏み出した道は、

どんな色合いなのだろう?

 

この半月ほど私は

不思議な夢を頻繁に見ています。

訪れたことのない異国の街。

雪をいただく神々しい山々。

石畳の道を足早に歩む私。

そして、

「私はここにいる」という声。

 

旅の荷造りはもう済ませたのに、

まだ私は迷っているのです。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM