春分

  • 2018.03.22 Thursday
  • 06:46

昨日は春分の日。

西洋占星術では、1年が始まる日でもあります。

なのに、

東京では天気予報の通り

雪が降る寒ーい日となりました。

 

これから夏至に向かって日は長くなり、

お日さまが象徴する「陽の気」が

満ちていきます。

 

春から夏にかけては、成長する季節です。

元気に育つためには

体力(エネルギー)も必要です。

 

子どもの頃、

ヒヤシンス等の球根を

水耕栽培で育てたことはありますか?

最初はみっしり詰まっていた球根も、

ヒヤシンスが生長して花を咲かせる頃には

痩せてシワシワになってしまいます。

これと同じようなことだと思うのです。

 

よく育つためには

健康的でいることが欠かせません。

身体と精神の両方から「健康」は作られます。

早起きしてお日さまを浴びたり

木々や風のエネルギーに触れると

さらに良さそうです。

 

このところ、

サロンの石や化石たちのメンテナンスや

配置換えなどをしています。

生物ではないけれど

それなりに存在感も自己主張もするし、

何だか楽しげな雰囲気になりました。

写真は、

パイライトの地層に入ったアンモナイト。

渦巻きが強烈です。

 

では、今日もよい一日を。

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 

お彼岸

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 12:17

お彼岸は仏教の考え方で

彼岸(あの世)と此岸(この世)が

最も繋がりやすくなる時期なので、

お彼岸にはお墓参りなどの先祖供養をする

のだそうです。

子どもの頃は意味も知らずに

「お彼岸だからお墓参り」が習慣でした。

 

そんな知識と体験が作用しているのか、

私も母も同じ日に

26年前に鬼籍に入った父の夢を見ました。

 

前に書いたように

親子の関係は決して良くなかったので、

私の場合は

「父が隣の部屋にいる」という夢で

姿は見なかったし、言葉も交わさなかった。

 

ふだん思い出すことは滅多にないのに

ここぞというときに

父は存在をアピールしてきます。

夢だけでなく、

彼の気配を感じるできごとや出会いも

少なくありません。

 

私は魂の不滅や輪廻を信じていますが、

生前の父は特に

信仰を持っていなかったと思います。

 

あちらの世界で26年の旅をして、

彼はどんな風に変わったのだろう?

もちろん私も

26年分の体験を重ねているので、

お互い以前とは違う関係を

築けるのかなあと思ったりして。

 

以前の記事 お手上げ を書いた頃から、

実は父の気配が濃くなっています。

ちょっと不思議な感じです。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

  • 2018.03.10 Saturday
  • 14:36

昨日の夕方、考えごとをしながら

家に向かって歩いていました。

いつもとは違う道を通ったけれど、

家まで4分くらいのあたりで。

 

茶色いかたまりが

目の前にピョン!と飛び出してきました。

美しい毛並みの猫がひとり、

私の脚にスリスリしながら

イイコイイコして!と誘っています。

 

ナデナデすると、幸せそうに

目を細めてクネクネします。

「うちには犬がいるのよ」と

手のにおいを嗅がせてみても、

まったく無関心。

 

ちょっと遊んで、

「急ぐからまたね」と言ってみると

あっさり解放してくれました。

 

振り向いたら、

通りかかった女子中学生に

走り寄って行くところでした。

 

今どき、珍しい!

 

私が子どもの頃、

暇を持て余している猫たちは

通りかかる人間をつかまえて、

遊んでとかナデナデしてとか

際限なく要求してきたものです。

 

世の中も猫の暮らし方も

ずいぶん変わったのでしょう。

楽しげに散歩している

飼い猫を見かけなくなったし。

夜に開かれる「猫の集会」も

なくなったのかな?

 

忘れていた何かを

思い出したような気がして、

幸せな気持ちで帰れました。

 

また、あの道を通ろうと思います。

 

JUGEMテーマ:コラム

啓蟄

  • 2018.03.08 Thursday
  • 15:16

3月6日は啓蟄

冬ごもりしていた虫たちが春の訪れを感じて

地上に戻ってくる日でした。

 

今年の冬は寒さが厳しかったけれど、

それでも季節は

太陰暦のとおりに移り変わります。

それを実感したのは、

ワンコとの散歩が日課になってからです。

 

日の出や日没時刻の変化はもちろん、

季節の移ろいは

空気の質感や漂う香りとして

皮膚で感じられるような気がします。

ずっと家の中にいたり

都会の人工的な環境にいると、

自然を感じ取る感覚が

どんどん鈍ってしまいそうです。

 

ところで、環境や心境が変わるとき

(生活が変わるとき、でもある)には

私の思い込みかも知れないけれど、

身の回りの電化製品が壊れます。

 

今回は、ほとんど同時に

12年使った食洗機と

昨年買ったワインセラーが挙動不審に。

食洗機は修理の金額が、

「だったら新品を買おう」と思える

金額だったので新品に買い換えました。

ワインセラーは冷媒が漏れたらしく、

保証期間中だったので

すぐに新品がやって来ました。

 

ついでに大掃除も済ませて、

部屋も気分もスッキリしたところです。

どんな春風が吹いてくるのか、

ちょっとウキウキしています。

 

JUGEMテーマ:コラム

知らせ

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 14:42

実際に顔を合わせたことはないけれど、

電話やメールで何度かお話をした人が

亡くなったと知らせがありました。

 

その人は、

難民サポートの活動をしていました。

お金や物を援助するだけではなく、

難民が誇りを持って自立するための

プロジェクトに携わっていました。

それは、

放っておけば失われてしまう

伝統技能や文化をつなぐ活動でもあります。

 

以前、そのプロジェクトに参加して

我が家にも素晴らしい作品がやって来ました。

 

先月、10年ぶりにその人へメールを送りました。

が、2週間経っても返信がなかったので

忙しいのかな?とか、メールを見落としたのかな?

と気になっていたところだったのです。

 

たまたま、そのタイミングでメールを送った

 

というだけかも知れません。

けれど、視野を広くしてみると

ものごとに偶然はないと思うのです。

規模を宇宙まで大きくすれば、

その人が織り上げつつあった模様には

多くの人の縁が織り込まれています。

たった一度の出会いであっても、

その模様に個性や深みを加えます。

 

そんな風につらつらと妄想しています。

これから私に何ができるのか、

じっくり考えるときかも知れません。

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM