ふしぎ

0

    5年ぶりにメガネを新調しました。

     

    父方も母方も、親戚はほぼ全員メガネちゃん。

    なので、生まれてこの方

    メガネに何の疑問も持たなかったし

    大人になってからの長い間、

    使い捨てコンタクトレンズの

    お世話にもなりました。

     

    使い捨てレンズを手に入れたとき、

    ほんっとうに開放感を味わいました。

    温度の差でメガネが一気に曇ることも

    暑い日にメガネが汗だらけになることも、

    私には関係ないのです!

     

    コンタクト時代に一度だけ、

    角膜潰瘍を患いました。

    ごく初期で症状は軽かったのに、

    とにかく痛くて起きられなかった

    記憶があります。

     

    そのとき眼科医に、

     

    あんた失明するかも知れなかったんだよ!

     

    と言われて以来

    レンズの扱いに神経質になったけれど

    それだけの価値はあると思っていました。

     

    それがね。

    コンタクトレンズを装着していると

    圧迫感を感じるようになったのが、

    10年くらい前です。

     

    ムム・・来たか老眼。

     

    しばらく抵抗していたものの、

    コンタクトレンズを諦めて

    またメガネ生活に戻りました。

     

    ちょうど勤め人を辞めた頃で、

    四六時中クリアに見える必要がない。

    そう割り切ったらひどく楽になり、

    だんだんメガネをかけない生活に

    なって来ました。

     

    今では

    初めての場所を訪れるとき

    車の運転をするとき

    映画や舞台やコンサート以外は、

    殆どメガネをかけなくなりました。

     

    要は「慣れ」なのですが、

    はっきりクリアに見えないと

    視覚以外の五感が

    必然的に働き出すようです。

    気配に敏感になる、

    という感じでしょうか。

     

    ごくたまにメガネをかけると

    景色が迫ってくるようになって、

    気づけばもう5年も視力測定を

    していません。

     

    で、測ってみたら不思議なことに

    右目の視力がほんの少しアップ。

    眼鏡屋さん曰く、

    「目は見よう見ようとするんですよ」

     

    そうなんだろうけれど、

    不思議だなあとしみじみ感じました。

     

    そんな訳で作った5年ぶりのメガネ。

    まだ一度も使っていないけれど、

    外出時には必ず持ち歩いています。

    いつ必要になるかわからないもの。

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    子どもたち

    0

      初代ラブラドールのアレックス兄ちゃんは、

      12歳8ヶ月でお空へ帰りました。

      晩年は病気で本人は苦しかったのですが、

      私は彼が死んでしまうことを認めたくなくて

      ずっと「死」を直視できずにいました。

       

      ある真夜中に

      アレックスの背中をなでながら、

       

      「もう死ぬときが来たのなら、

      私たちを気にせずに行って大丈夫だからね。

      ずっと我慢させてしまって、ごめんね。

      アレックスがいなくなっても

      ずっとアレックスを大好きだからね。」

       

      そんなことを話しかけました。

      荒い息のアレックスの側にいると

      彼から何かが私の心に流れ込み、

      自然に言うべきことがわかった・・・

      そんな感じがしたものです。

       

      2日後、彼は息を引き取りました。

      今でもちょっと不思議に感じています。

       

      二代目のオリバー小僧は、

      我が家へ来て3日目にパルボを発症して

      あっけなくお星さまになりました。

      府中のお寺でお経を聞いているとき、

      アレックスとオリバーが

      並んで座っている後ろ姿が見えました。

      二人とも神妙な感じで、

      クスッと笑ってしまいました。

       

      オリバーの代わりにやって来た

      三代目のバイロンは、うらなり君。

      弱くて弱くてトラブル続きで、

      長生きできると思えなかったのです。

      12歳8ヶ月を超えたとき、

       

      これから先はオマケとかご褒美だな

       

      何だかそう思えました。

       

      今日はバイロン13歳の誕生日です。

      美少年と言われたバイロンも、

      年齢なりにあちこち不具合があり

      疲れやすくなったし

      さらに甘えん坊になっています。

       

      人間と同じように動植物も、

      身体をケアするだけでなく

      心や感情を理解しようとする

      努力が欠かせません。

      QOLというヤツですね。

       

      バイロンと同様に

      私たち家族も老化しているので、

      お互いのことをより理解

      できるようになってきました。

       

      ロシアリクガメのオリーブちゃんとは、

      二度目の冬を過ごしています。

      爬虫類と暮らすのは初めてなので、

      驚きと発見の連続でした。

       

      思っていたより動きは素早いけれど、

      びっくりするほど不器用です。

      自然界で生き延びるのはさぞや大変!

      そう思ってしまうレベルです。

       

      意思の疎通ができたような気がしたとき、

      やっぱり不思議な感じがします。

      私と見つめ合ったりするとき、

      彼女に私はどんな風に見えているのか

      気になったりもします。

       

      我が家へ来るまでの数年間

      どんな環境でどんな人と暮らしていたのか

      そんなことも気になるのですが、

      オリーブちゃんは「今ここ」が大事らしく

      パプリカを無心に食べるのでした。

       

       

      JUGEMテーマ:コラム


      長旅

      0

        1月の記事 身体と心 の続きです。

         

        人生60年時代から、100年それとも120年?

        臓器は120年くらいしかもたない、

        そう聞いたような記憶があります。

        臓器移植やクローニングよりも、

        脳のデータをAIBOとかにダウンロード

        というのも私的にはオッケーかも知れない。

         

        それはさておき。

         

        人生とは

        働いて子供を産み育てたらお終い

         

        ではなく

         

        社会を次の世代へ手渡したら

        それから先は自分のために生きる

         

        そんな風に変わりつつあります。

        社会の風潮が・・ということではなく、

        寿命が延びている=使える時間が増える

        という単純な事実です。

         

        せっかく時間が増えたのに、

        肝心の私たち自身が

        状況をきちんと理解できていない

        ような気がするのです。

         

        「身体」は自動車で、

        「心」は自動車を動かすドライバー。

         

        100年間の長旅を

        いかに有意義なものにするかは、

        こまめで適切なメンテナンスと

        旅行プランの作成にかかっています。

         

        他の人に旅行プランを作ってもらうと・・

         

        あなたは蟹にアレルギーを持っているのに

        「蟹づくしディナー」を食べる羽目になったり、

        ちぐはぐで満足できないかも知れません。

         

        不満を誰かにぶつけて憂さを晴らすよりも、

        自分で好みの旅行プランを立てる方が

        良さそうだと思いませんか?

         

        でもね、思うのです。

        今の世の中って・・・

        誰かの言うとおりにしたり

        他の人と同じに振る舞う方が、

        自分で考えて行動するよりも

        ずっと楽に過ごせるのですね。

         

        まずは、そこから変えないと。

        ずっとモヤモヤと考えています。

         

        個人セッションでは

        クライアント様が気づかずに持っている

        優れたスキルや好みや可能性を

        見つけたりもしています。

         

        とはいえ私にできるのは

        具体的なヒントを指し示したり

        見えるものをお話しするだけで、

         

        それを掴み取るためには、

        クライアント様自身の決断が

        必要なのです。

         

        ◎◎◎ Atelier hedgehog ◎◎◎

         

         

        JUGEMテーマ:コラム


        日々

        0

          ブログは久しぶり。

          年明け早々からいろいろあり、

          すっかり翻弄されています。

           

          立て続けに

          それは困ったねえ・・・・

          という話を聞く機会がありました。

          それぞれ事情は違うのですが、

          皆に共通しているのは

           

          当事者は周りが見えない

          (自分のことだけ見える)

           

          ということです。

          強い感情が伴う状況では特に、

          こんなに聡明な人がどうして?

          という振る舞いをしてしまう

          ことが多いように感じます。

           

          それから、

          コントロールしようとすると

          状況はどんどん手に負えなくなる

          ような感じもします。

           

          この場合の「コントロール」は

          自分に有利な方向へ誘導する

          という意味です。

           

          あとは、

          選ぶ言葉によって

          さらに状況がこじれてしまったり。

           

          言葉は意識そのものです。

          だから、

          口から発する言葉だけでなく

          頭の中で使う言葉についても

          すごく気を遣うべきなのです。

           

          言葉のエネルギーは、

          周りを塗り替えてしまいます。

           

          感情的な言葉や

          極端で大げさな表現は、

          可燃性のガソリンのようなもの。

          一気に取り返しがつかないほど

          炎上しかねません。

           

          どんなものごとも、

          二つ以上の面を持っています。

           

          私にはAという面が見えるけれど、

          あなたにはXという面が見えていて

          しかもAという面の存在に気づかない。

          こんな状態で、

          それぞれが見ている面を語っても

          話はたぶんかみ合いません。

           

          何だかとりとめがなくなりました。

           

          ともあれ、

          腹が立って仕方がないときこそ

          その場から離れてみたり

          心をクールダウン!してみてね。

           

          落ち着いて他の視点から見ると、

          なあんだ・・・・

          ということも多かったりするのです。

           

           

          JUGEMテーマ:コラム


          視点

          0

            新型コロナウイルス感染、

            次々と事態が移り変わっていきます。

             

            ウイルスはとても小さいので

            マスクの隙間をすいすい通ります。

            けれど、マスクを着けていることで

            くしゃみや咳に直接ふれることによる

            「接触感染」は防げるのです。

             

            マスク、着けていますか?

             

            四六時中着けることもないかな

            と思うのですが、

            駅や混雑した電車とかモールとか、

            不特定多数の人が行き交う場所や

            大勢がひしめき合う閉鎖空間では

            マスク必須だと思います。

             

            こういう場合には

             

            他人からウイルスをうつされたくない

             

            という意識になってしまうけれど、

             

            たぶん本来は

             

            他人へウイルスをうつさないように

             

            という意識を持つ方が

            何かとスムーズに運ぶと思います。

             

            「うつされる」ことを怯えていた人が

            自分では全く知らないうちに

            「うつしてしまう」側になってしまう。

            そんなこともあるはずです。

             

            ずっと前に家を新築したとき。

            そこは準防火地域だったので、

            条例によって防火仕様の建材や

            防火戸(シャッター)なんかが

            必要でした。

             

            何となく漠然と

             

            隣家が火事になったときの用心、

            つまり

            我が家が火事に巻き込まれないため

            だと思っていたのですが、

             

            本来の趣旨は全く逆で

             

            自分の家が火事になったときに

            周囲へ燃え広がるのを防ぐため、

            だったのです。

             

            これは衝撃でした。

            加害者になるかもしれない、

            という前提なのだからね。

             

            こんな風に、立場が変われば

            見え方や考え方も変わります。

             

            自分の立場や気持ちは大切だけど、

            自分以外の人の気持ちとか

            全体から見たときの意味合い

            なども併せて想像してみると、

             

            考え方も行動も、

            それによって引き起こされる結果も

            ずいぶん変わるだろうと思うのです。

             

             

            JUGEMテーマ:コラム



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:853 最後に更新した日:2020/02/24

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM