0

    勤め人生活を卒業してから、

    身につけるものが変わりました。

     

    固めの職場だったので、

    スーツとパンプスは必須。

    足はとても疲れたし

    外反母趾っぽい痛みを感じて

    不安になったけれど、

    「そういうものだ」

    と思っていました。

     

    退職してしばらくたった頃。

     

    足は健康の基本なのだと

    ふと気づくことがあって、

    今までダサいと敬遠していた

    コンフォートシューズを

    履いてみたのです。

     

    いろいろな靴を遍歴して、

    ドイツのメーカーの靴に

    落ち着いています。

    外反母趾っぽい痛みも消えたし

    私はどんな靴が好きか、

    ということもわかりました。

     

    靴の選び方について、

    以前の私は全く知らなかった。

     

    サイズとデザインと価格。

    それしか気にかけませんでした。

    もっと言うなら、

    歩き方とか「歩く」ことにも

    無頓着でした。

     

    足は、実際にも象徴的な意味でも

    生きる上で最も重要ではないか?

    今はそう思っています。

     

    それなのに、ほとんどの人の

    歩き方は「自己流」です。

    もちろん私も

    歩き方を習ったことはありませんが、

    膝を骨折したときに、「歩く」ことは

    全身を使う高度で複雑な動きなんだ!

    そう気づきました。

     

    身体を痛めてしまう歩き方も

    身体に負担をかけない歩き方もある、

    ということでしょう?

     

    それ知りたいです!

    最近はそんなことをモヤモヤ考えます。

     

    JUGEMテーマ:コラム


    分かれ道

    0

      ふだん意識することは少ないけれど、

      人生は選択の積み重ねでできています。

       

      どちらを選んでも大して違いのないこと

      どちらを選ぶかで少し方向性が変わること

      「選択しない」という選択をする場合

      生死を分ける緊急性の高い咄嗟の判断

      などなど・・・

       

      人は誰でも何回か、

      選択した瞬間から全てが変わる

      そんな分かれ道に出くわします。

      進学、就職、転職、転居、結婚・・・

       

      でも本当に大切なのは、

      日常の中で何の気なしにする選択

      なのだと思います。

      ほんの少しの「ずれ」も重なると、

      ものごとは大きく変わります。

       

      とはいえ、

      本能や無意識の領域の中に

      組み込まれているコンパスが、

      たいていの場合は

      正しい選択に導きます。

       

      あっ、違っちゃったな〜

      と思ったときには・・・

      さっきの分かれ道まで戻って

      もう一度選び直したり、

       

      次の分かれ道にやって来たら、

      今度は慎重に選んでみましょうか。

       

      本当は、目的地への道筋は

      一つだけではありません。

       

      時間のかかる回り道になっても、

      素晴らしい景色を楽しめたり

      思いがけない宝物を見つける

      こともありそうです。

       

      後になって考えると

      全ての体験は貴重な学びとなり、

      その人の中に蓄えられます。

      そして、

      それらの体験はその人の人間性に

      深みと豊かさをもたらします。

       

      さあ、

      今年はどんな体験をするのでしょう?

       

       

      JUGEMテーマ:コラ


      マイクロ決意2020

      0

        2019年までに積み重ねた体験から

        2020年がスタートします。

         

        私の2019年を振り返ると・・・

         

        気持ちが大きく変化したのは、

        NARDアロマインストラクター試験に

        合格してからです。

         

        夏から「10秒ポーズセラピスト養成講座」

        の受講を始めました。

        1年間の長丁場、修了はまだ先ですが

        身体に意識を向けて「感じる」ことは

        自分の在り方自体を揺り動かすことだ・・・

        と感じています。

         

        漢方講座は一段落したけれど、

        もっと詳しく学ぶつもりです。

        いまは試験勉強をしています。

        どんどんマニアックになります。

         

        数秘学もタロットもヴォイス・スキャン(R)も、

        変わらずコツコツ取り組んでいます。

        心の中とか人智を超えた何かとか

        数値で表せない個性や感覚を認めないと、

        なかなか心身の健康(健康的な生き方)は

        見つからないと思っています。

         

        さて、2020年は。

         

        知りたいことも計画もたくさん。

        できることは先延ばしせず、

        心と身体に誠実に暮らそうと思います。

         

        「今」は二度と戻ってこない。

        チャンスやタイミングを逃さない

        ことは大切ですが、

        ときには

        手放して他の道を選ぶことも

        必要だと思うようになりました。

        ちょっと大人になったから

        そう思えるのかも知れません。

         

        しがらみや駆け引きは苦手です。

         

        何が大切なのか

        本質は何か

        優先順位は何か

        私の心に何があるか・・

        こういうポイントを押さえて

        なるべくものごとは単純に

        風通し良く暮らそうと思います。

         

        あとは、

        足もとに意識を向けることかな。

         

        こんな感じが、私のマイクロ決意です。

         

         

        JUGEMテーマ:コラム


        2020

        0

          2020年がやって来ました。

           

          昨日の続きの今日なのに、

          雰囲気が改まった感じがするのが

          ちょっと不思議です。

           

          毎年12月25日を過ぎると、

          世の中は突然「年末モード」に入ります。

          それまでクリスマス一色だったのにね。

          切り替えの早さについて行けず、

          ボンヤリと過ごしてしまいました。

           

          ともあれ。

          数秘学的に2020年の根底には、

          人生そのものを連想させる

          4のエネルギーが満ちています。

           

          4という数には、

          安定や土台というイメージがあります。

          4本脚の頑丈なテーブルのように、

          飾りを全て取り去った基本的な要素や

          ものごとの本質も象徴しています。

           

          だから、これからは

          ものごとの本質や根本を知ることが

          より大切になってきそうです。

           

          2019年最後の驚きは、

          ゴーン氏がこっそり日本を脱出して

          レバノンへPJで乗り付けたこと。

          すでに、一個人の問題では

          なくなったような気がします。

          不安。

           

          数秘学では、

          誕生日(西暦)を使って

          その人の人生を読み解きます。

           

          2000年に入って、

          生年月日に「1」を持たない人が

          生まれるようになりました。

          2000年以降に生まれた人は皆、

          チャートに「2」を持っています。

           

          自我を象徴する「1」から

          受容や調和の「2」への変化。

           

          時代(というより宇宙が)向かう先が

          何となく見えてくるのは、

          まだまだ先のはずなのですが・・・

           

          おそらく、

          2を持って生まれる人たちの中から

          希望が芽生えてくるのでしょう。

           

           

          JUGEMテーマ:コラム


          ちょっとずつ

          0

            今日の東京には、強い日差しが降り注ぎました。

            「季節外れの・・」とは言えないような気がします。

            地球上の全てのものが、どんどん変わっています。

             

            2019年は、全てのものが移り変わることに

            今さらながら気づいた年でした。

             

            自分も家族も友人も電化製品も

            言葉も社会も地球環境も、

            気づかぬうちに変化していきます。

             

            変わることこそが

            「生きる」ことだと思うけれど、

            毎日当たり前のように生きていると

            森羅万象全てのものが

            ちょっとずつ変わっていくことを

            うっかり忘れてしまいます。

             

            それに、人は変化に慣れるものです。

             

            ちょっとした違和感

            ちょっとした不自由さ

            ちょっとした痛み

             

            そんな感覚を無視したり

            我慢し続けているうちに

             

            いつの間にか

            何かの瀬戸際まで来てしまう。

            私にはそう思えるのです。

             

            もちろん、

            良い方への変化も起こります。

            「良いこと」については

            一般的に無視はしないので、

            良いことは着々と広がっていく

            と言えそうな感じです。

             

            はてさて。2020年。

            世界はどのように変化するでしょう?

             

            何が起ころうとも、

            できることは必ず見つかります。

             

            良い方への変化が途切れないように。

            よろしくない方への変化は、

            なるべく早く食い止めること。

             

            目を開いて注意深くいること。

            落ち着いて本質を見抜くこと。

             

            この世界で起こることは

            全て自分にも関わりがある

             

            こんな意識を持つことで、

            ものごとの捉え方が変わります。

             

            地球環境も人の心も、

            ちょっとずつの積み重ねで

            変わっていくと思うのです。

             

            2020年は

            ちょっとずつものごとが好転し、

            皆さまにも毎日の生活が

            良い体験の積み重ねとなりますように。

             

             

            JUGEMテーマ:コラム



            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recommend

            links

            profile

            書いた記事数:835 最後に更新した日:2020/01/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM