広がる

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 10:31

10月から始まった半年間の講座が、

もう後半戦に入りました。

 

縁がない(無理だし)と思っていた

アロマインストラクターコース。

いい気になって受講することにしたものの、

初日に渡されたテキストや資料の重さや

これからクリアすべき数々の難関を前にして、

よくわからないうちに日にちが過ぎています。

 

一体あなたは何になろうとしているの?

 

知人から質問されたことがあります。

考えたけれど、自分でもわかりません。

 

興味を持ったことに関わる(学ぶ)と、

関連することが芋づる式に増えていきます。

ということは、

私の知らないことは増えるばかりです。

 

アロマセラピーに興味を持ったのは、

ハーバルセラピーの勉強がきっかけでした。

アロマやハーブの効果効能や

セラピー(療法)を学ぶだけでなく、

日常の生活や価値観や社会問題や生き方まで

その気になれば世界がどんどん広がります。

 

私は、もう十分に知っている

 

そんな風に感じるときは、たぶん

現在の状況に満足していて

「自分の世界」以外のことに

気づかなかったり関心がなかったり

という状態なのかも知れません。

 

それも悪くないけれど。

けれど、

あまり無関心が過ぎると

危険が近づいてくることにも

気づかなくなってしまいそう。

 

それとは逆に

 

私には、まだまだ知らないことがある

 

そう感じているときは、

好奇心のアンテナを伸ばしている

ようなものだと思います。

 

世界が広がっていくと

人生は豊かになるだろうけれど、

ネガティブな可能性や

知りたくなかった現実も

直視しなくてはなりません。

 

私は、それでも知りたいと思います。

あなたは、どちらがお好みでしょうか?

 

 

JUGEMテーマ:コラム

住人

  • 2019.01.07 Monday
  • 16:01

今までに私は、

住まいの引っ越しを7回経験しています。

場所を移動するたびに

何かが去って行き、何かがやって来ました。

 

環境を変えたから人生も変わっていくのか

人生が変わったから環境も変わるのか、

どちらなのでしょうね?

 

15年ほど前に、

直線距離にして約30メートルの場所へ

引っ越したことがあります。

家具などの大きな家財だけを

プロの業者さんに運んでもらい、

細々したものは

整理しながら自分たちで運びました。

 

引っ越し当日、つまり

「生活の本拠地を移動した日」

のことです。

 

夕方になってから

忘れ物や戸締まりの確認をするために、

空っぽになった元の家に入りました。

 

ほんの8時間前までは

「ごく普通の家」だったのに、

ガランとした建物は

寒々しい「空き家」になっていました。

よそよそしい静けさに包まれていて、

空き家のニオイ(?)も漂っている。

 

短時間でこれだけ変わってしまうのか!

あのときは本当に驚きました。

 

人が住んでいない家は荒れてしまいます。

それって

掃除やメンテナンスが行き届かない

というだけでなく、

長年の記憶や安らげる雰囲気や

目に見えない住人たち(コビトさんや精霊?)も

いなくなるから・・・

そんな風に私は思うのです。

 

ところで、

サロンを新宿に移して約半年が過ぎました。

前にも書いたけれど

軽トラ3台分の商品や何かを手放し

重苦しいしがらみからも解放されて、

本当に良かったと思っています。

 

私物の化石や大きなクリスタルと

手元に残した気に入りの商品も

一緒に引っ越してきたのですが、

不思議なことに

自由が丘に展示していた頃とは

みんな別人のようなのです。

 

昨日は、

レインボークォーツの丸玉を眺めてビックリ。

以前より虹が増えて、キラキラしている!

箱の中に保管していた丸玉も出してみると、

何と全ての丸玉が変わっていました。

 

私は「パワーストーン」という表現は

好きではないのですが、

やはり石には(というか全てのものには)

何かが宿っていると思います。

 

キラキラになった丸玉は商品なので、

セッションの時などにぜひご覧下さいね。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

始まる

  • 2019.01.06 Sunday
  • 08:46

1月6日は2019年初めての新月、

さらに、部分日蝕も見られそうです。

 

2012年5月の金環蝕のときは

太陽が暗くなってくると気温も下がり、

ちょっと怖かったことを覚えています。

 

ふだん何でも思い通りにできる

(と思い込んでいる)人間の私たち、

宇宙(自然)の力と驚異にふれるときは

本能的な

「自分を超える存在への怖れ」を

誰でも感じるものだと思います。

 

さて、数秘学的に2019年の根底には

何かが表面化する気配が漂っています。

耳を澄ませば、さまざまな方角から

ざわめきが押し寄せてくるのを

感じられるでしょう。

 

未来へつながる明るい知らせも

不安をかき立てるできごとも、

一緒くたにやって来ます。

ものごとの動きは起伏が激しく

しかもスピーディーなので、

よっぽど注意深くしていないと

思わぬ方向へ流されてしまうかも。

 

そんな中で、いかに生きるべきか?

 

自分の頭で考えること

意思表示をすること

 

もう、これにつきます。

 

遠い外国で起きているできごとは、

良いことも悪いことも

私たちに深い関わりがあります。

だって、地球は一つなんだもの。

他人事 = 自分事 です。

 

日本に関して、

2019年は新しい時代が始まるときです。

日本=NIPPON は、

 

創造的なエネルギーと偏りのない視点が

全ての人を受け入れる寛大さによって、

あらゆる分断や対立を超えて

新しい世界を生み出すきっかけになる

 

数秘学的にこんな風に読めました。

 

そろそろ、2019年が動き出します。

 

JUGEMテーマ:コラム

福袋考

  • 2019.01.05 Saturday
  • 11:25

初売りの福袋は好きで、

新年早々デパートに並ぶことが

我が家の決まりごとになっています。

 

ずっと以前の福袋は

「残り物には福がある」的な感じで、

特に衣類の福袋については

持て余してしまうものの割合が

多かったような気がします。

 

それが時代は変わり、

福袋の中身は「売れ残り」ではなく

「昨日まで定価販売していた」ものが

主流になりました。

「中身が見える福袋」とか

「全身コーデ福袋」もありますね。

 

もうずいぶん前になるけれど、

近所の友人が福袋ハンターでした。

彼女はデパート専門だったので

始発(!)で新宿や渋谷へ赴き、

それぞれのデパートが配る

「福袋の整理券」を

ゲットして回るんだって。

 

私にはそこまでの根性はなく、

デパート開店1時間くらい前から

開店待ちの行列に並ぶのが精いっぱいです。

ここ数年は、

殺気立つ人混みが辛くなってきて

食品売り場の目当ての店へ行くだけで

サッと撤退するようになりました。

年のせいかしらね。

 

今年は

いつも行くお店で福袋が見当たらず

「今年は福袋は?」と聞いてみたら、

大家であるデパート側から

デパートのショッピングサイトで

福袋販売をするよう求められて、

 

自分たちは対面販売をしたいので

今年は福袋販売をやめました

 

店員さんはそう説明してくれました。

それも見識の一つよね。

 

福袋って今や年始の風物(名物?)ですが、

たぶん本来は

常連のお客さんへのサービスとか

新しいお客さんに商品を知ってもらうため

という目的なのだろうと思います。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

視点はさまざま

  • 2019.01.04 Friday
  • 10:40

占星術から見た私は射手座の新月生まれ、

出生チャート上では、主要な4つの惑星

(月も含めると5つ)が3ハウスに入っています。

今さらですが、私はそういう人です。

しみじみと自分の出生チャートを眺めると、

偏り方(個性でもある)がはっきりわかります。

 

占星術的視点から捉えた「私の姿」に

全てを当てはめる必要はないけれど、

 

「こんな見方もあるんだな」

 

という気づきは、

私にとってずいぶん役に立ちました。

 

占星術から見た「私」と数秘学から見た「私」、

重なる部分もあるけれど違う部分もあり

全く同じ「私の姿」ではありません。

 

えー? どっちが正しいの?

 

私もそう思いました。

最初のうちは、

それぞれの「いいとこ取り」を

してみたこともありますが、

今の私の解釈は「どちらも正しい」です。

 

人もものごとも、

とても多くの面を持っています。

占星術も数秘学もタロットも、

それぞれが得意とする視点から

人やものごとを表現します。

 

例えるなら

一輪の薔薇の美しさをたたえるとき、

 

ある人は四行詩で表現し

ある人は彫刻で表現し

ある人は踊りの中に表現し

ある人は香りの中に表現し・・・

 

という風に

表現の手段と視点はさまざまでも

そこに真実が含まれているなら、

「一輪の薔薇の美しさ」

を感じることができるのです。

 

何かに行き詰まったとき、

それはまるで

深い穴に閉じ込められている

ような状態だと思います。

そんなときに

意識的に視点を変えてみると、

解決へのヒントが見つかることが

けっこうあるものです。

 

新しい年、新しい年度を迎える今の時期、

リーディング(セッション)はオススメです。

 

ご予約・お問い合わせなど詳しくは、こちらへ。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM