「上り」か「下り」か

0

    公共の場所、駅、ショッピングモールなどに

    設置されているエスカレーター。

     

    すぐ隣に階段があるとしても、

    多くの人はエスカレーターを目指します。

     

    さて、ところで。

    あなたは、「上り」と「下り」

    どちらのエスカレーターを使いたい?

     

    エスカレーターが一基だけあるとき、

    「上り」の場合がほとんどです。

     

    私は何の疑問もなく

    上りのエスカレーターに乗って、

    階段をトコトコ下りていましたが、

     

    微妙にモヤモヤしたのは、

    膝の皿を骨折してからです。

     

    ギプスも松葉杖も外して

    歩く練習をしていた頃。

    階段を下りるために

    宙に足を踏み出す心許なさ・・

     

    壁際や手すりから離れず

    ゆっくり慎重に踏み出すけれど、

    傷めた膝に激痛が走るのは

    決まって階段を下りているとき。

     

    もちろん上りの階段も

    それなりに負荷はかかるのですが、

    「下りる」よりも安定していて

    さほど怖くなかったのです。

     

    ずいぶん回復した今でも、

    下りの階段は苦手です。

    下の段に着地するときの衝撃は

    気をつけていても応えます。

     

    でね、思うのです。

     

    エスカレーターを設置する

    計画を立てたり決定する人って、

    足とか腰を痛めたことのある人は

    いないんだろうか?

     

    上りの階段は疲れるし大変

    下りの階段は楽々と走り下りる

     

    というのは、

    歩くことに何の支障も感じない

    人だけではないかなあ?

     

    だから私は怒っている

    とかではないのですが、

    周りを見回して考えたり

    いろいろ想像を巡らすことって、

    今どきは少ないのかなあ・・

     

    なんてモヤモヤ思っています。

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:853 最後に更新した日:2020/02/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM