10秒ポーズ(その2)

0

    12月11日の記事 10秒ポーズ でご紹介した書籍

     

    「10秒ポーズ」福田裕子著 サンマーク出版

     

    発売一週間で重版が決まったそうです!

     

    著者の福田裕子さん(ゆうこりん)は

    理学療法士として30年近いキャリアを持ち、

    介護予防、要介護高齢者向けリハビリ指導、

    健康増進・労災防止の企業向け研修など、

    福井県を中心に独自の活動をしています。

    裕子さんのサイトはこちら

     

    裕子さんと私の出会いは、10年以上前。

    全く違う分野での同窓生なのです。

    裕子さんは福井、私は東京在住だし

    SNSやブログを通して

    何となく繋がっている・・・

    という間柄だったのですが、

     

    裕子さんの発信する

    「10秒ポーズ」に興味を引かれて

    東京で開かれた体験会に参加しました。

    そして・・・

    (これはまた別の機会に)

     

    10秒ポーズセラピスト養成講座では

    2日間の集中実技指導があります。

    私が実技指導を受けたときの

    感想をシェアします。

     

    ↓↓↓↓↓↓

     

    「10秒ポーズ」のイメージ。
    筋肉をほぐしたり強化するだけでなく、
    気持ちが落ち着いたりバランスが良くなる感じがします。
    いつもは使わない筋肉を使ったり

    普段しない動きをしたりすることで、
    体と心が調和してくるように思いました。
    自分の中のトゲトゲした部分が、丸く穏やかになりました。

    病気や怪我のリハビリ中の人には、

    心のセルフケアもできるメソッドとして
    お勧めできると思います。

    10秒ポーズをいくつか続けて取るうちに、
    自分の身体の輪郭を意識できるようになって来ました。
    ふだんは自分の身体全体を感じ取れていなかった!
    というのも驚きでした。
    若い頃に確立した「自分の身体のイメージ」が、

    時間の経過(老化)と共に実は変わってしまっていた!

    ことも気づきました。


    まずは現状認識、

    加齢や怪我や病気によって筋肉はどんどん衰えている、
    と気づくことが第一歩ですね。

     

    以上です。

    10秒ポーズのイメージが伝わるでしょうか?

     

    もちろん、

    10秒ポーズをすれば完璧!

    他には何もする必要はない!

    と言うわけではありません。

     

    身体と心は複雑に関わっているので、

    筋肉を動かしたり

    生活を見直したり

    考え方を切り替えたり・・・

     

    少しずつあちこちを調整しながら

    その人にとって健康な状態を

    目指せば良いのだと思います。

     

    まずは、健康的な人生への第一歩として

    お近くの書店で本を手に取ってみて下さいね!

     

    ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:853 最後に更新した日:2020/02/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM