世界の数

0

    世界の見え方は、人によってさまざまです。

     

    今まで生きてきた経験や感じたこと、

    ふだん暮らしている環境や周りの人との関係、

    どんな価値観を持つ社会に属しているか、

    何を手に入れて何を手に入れられなかったか、

    今日のスケジュールや体調や気分、

    などなど・・・

     

    一人の人の考え方や発言の背後には、

    こんなにたくさんの要素が積み重なっています。

     

    ということは、

    親しい付き合いの二人が同じ景色を眺めていても

    実際に見えている景色はそれぞれ違う

    と言えそうです。

    これを心の片隅で覚えておくと、

    ずいぶん役に立つと気づきました。

     

    もちろん社会で生きる上で必要な

    最小公倍数的、最大公約数的な「決まり」や

    うんと基本的な「倫理」があります。

    が、それ以外については

     

    その人にとって正しい

    その人にとって価値がある

    その人にとって好ましい

     

    ということに過ぎないのですね。

     

    だから、世界や人生は人の数だけある。

    何がその人の正解なのか、

    それを決められるのは本人だけです。

     

    違う観点から言うとすれば

    皆が同じだったらものごとは変わらないし、

    違いがあるからこそ世界の色合いは豊かになる

    ということだろうと思います。

     

    今は情報や人の思念がすごい勢いで流れていて、

    よっぽど意識していないと

    巻き込まれていることすら気づけません。

     

    目覚めよ!

    なんて思ったりしています。

     

    頼りになるのは、自分の感覚です。

    ちょっとした違和感や身体の反応を

    注意深く観察していくと、

    「そうだったのか!」と気づくはずです。

    お試し下さい。

     

    セッションでも詳しくお話をしています。

    詳しくは、こちらへ。

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「宝石の写真図鑑」
      emi
    • 「宝石の写真図鑑」

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:912 最後に更新した日:2020/07/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM