防災

  • 2019.10.10 Thursday
  • 15:53

いつもと同じ日々の中に、災害はいきなりやって来ます。

 

兆しや前触れがあって備える時間があったとしても、

現実は予想を上回ることが多いのではないだろうか?

 

人間は体験から学ぶことが多いので、

前例のないこと=初めて体験する事態には弱いです。

例えば、

「このくらい大丈夫だよ〜」と

根拠もないのになぜかキッパリ思い込んだりします。

これは私だけか?

 

だから

災害から受ける被害が予想より軽かったら、

その運の良さに感謝しなくてはならない・・

本当にそう思います。

 

今週末も、とても大きな台風が日本へやって来る。

 

水、食料、電池、土嚢、外廻りの片付け・・・

物や環境の準備はもちろんですが、

自分の頭に「危険」の意味を染みこませて

優先順位をきっちり見極めること。

 

そういえば、私が子供の頃は

24時間営業のコンビニも大型スーパーもなく、

お盆や年末年始は半月近く休む商店が

多かったことを覚えています。

どこの家庭でも「買い置き」はしていたはず。

 

今は、コンビニはいつでも営業しているけれど。

たぶん、私やあなたが被災するときには

コンビニもホームセンターも被災するでしょう。

 

天気予報が大外れで、誰もが無事に過ごせたときは、

その体験を笑い話にすれば良いことです。

心構えも実際の備えもせずに被害を受けるより、

100万倍ましな状況だと思います。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM