妄想・・・

0

    妄想系の話なのですが、

     

    時々、住まいとかサロンとかいつもの公園とかの

    形や広さや間取りなど「実際の景色」を

    ありありとイメージしてみます。

     

    自分の足で隅々を歩き回るつもりで、

    その場所を観察するように思い浮かべます。

     

    例えば住まいだったら、

    玄関のドアを開けて家の中に入り

    家具の配置や雰囲気を辿る・・・

    という感じです。

     

    そうしてみると、

    本当はよく知っているはずなのに

    曖昧にしか再現できない場所がある

    ことがあります。

    それはまるで、

    フルカラーのCG画像の中に

    ぽっかりと灰色の穴が空いている

    ような感じがします。

     

    現在の住まいに移る前に

    10年ほど暮らしていた家は、

    何度思い浮かべても

    家の数カ所が曖昧になりました。

     

    その家に引っ越す経緯や

    暮らしていた間のできごとに

    (表面上はそう見えなくても)

    違和感や無力さを感じていたので、

    それが関係していたのでしょう。

     

    今になって思えば、

    家と私の間に信頼関係が築けなかった

    ように感じるのです。

     

    好きか嫌いかと言えば、

    暮らしやすい間取りだったから

    少なくとも嫌いではないけれど、

    大切なパートナー(というのか?)

    ではなかった気がします。

     

    まさしく妄想なのですが、

    住まいなど重要な場所を熟知していることは

    相手(住まい)もあなたのことを熟知している。

    そう言えそうですね。

    それって、大切なことだと思います。

    根拠はないけれどね。

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:853 最後に更新した日:2020/02/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM