頭の中身

  • 2018.12.17 Monday
  • 06:28

もともと本を読むことは好きでした。

ひ弱な子どもだった頃

養生のお供は枕元に積み上げた本。

ぼんやり想像する時間はたっぷりあったので、

私の妄想癖が培われました。

 

本を読まなくても

問題なく社会人として生きられますが、

本からはさまざまな滋養を受け取れる

ように感じます。

情報を仕入れるだけでなく、

自分で考える習慣も身につくかな。

 

どんな本が好き?

 

そう質問されると、ちょっと困ります。

その人が読む本の傾向から、

「人となり」「主義や信念」なんかも

バレバレになりそうで。

なので、自室の本棚は恥ずかしくて

誰にも見せられません。

 

バレバレといえば、

どんな文章を書くかで

それを書いた人のことも

わかってしまいそうです。

 

私が子どもの頃、

作文も履歴書もラブレターも

全て基本は手書きでした。

 

「印刷物」は、

それだけで大したものだったのです。

ところが日本語ワープロ専用機や

PCが普及しだしてから、

あなたや私のような一般人も

自分の書いた文章を

簡単に活字にできるようになりました。

 

面白いもので、

「手書きではない書面」というだけで

文章の中身もひとかどのものに

感じてしまうのです。

 

私もこうやって

ブログなど書き散らしていますが、

たぶん見る人が見れば

私の頭の中身まで

わかってしまうんだろうなあ・・

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM