香り

  • 2018.12.06 Thursday
  • 09:43

以前、石の仕事をしていたとき

イベント出展をするための店名は、

香(かおり)でした。

 

実は、仕事仲間がつけた店名です。

その人は、自分が扱う香料を

私に売らせたかったので

強引に決めてしまったのですが、

「香」という店名は私が思い描いた

「石を売るお店」のイメージとは違いすぎ、

ずっと違和感を拭えないままでした。

 

名前は、

そのもののエネルギーを象徴します。

身近な例としては・・

「一郎」と名付けられた子どもが

「一郎」っぽい雰囲気と性格に育つ

というようなことを

皆さんも体験されていると思います。

 

私の場合、

「香」が自分の分身と思えなかったので

石屋さんとしての自分に自信が持てず、

他人の思惑に振り回されてしまった

ということも言えそうです。

 

ともあれ、それはもう済んだこと。

 

香水は子どもの頃から好きでしたが、

今年になってから

香りとの付き合いが深くなっています。

 

香りは記憶と深い関わりを持ち、

五感のうち嗅覚だけは

本能とダイレクトに繋がっています。

 

香りは実際のニオイだけでなく、

雰囲気や人格などの

実体のないものについても

感じられることがあります。

 

ものごとの香りを感じ取る

練習を重ねると、

見えない何かをキャッチする

センスが磨かれるようです。

 

香りに敏感になり

嗅覚を研ぎ澄ますことは、

現代の人間が忘れてしまった

能力と記憶を取り戻すことだ!

 

な〜んて思っています。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM