• 2018.11.17 Saturday
  • 17:51

犬と生活を共にするようになって、

もう24年も経ちました。

 

初代のアレックス兄ちゃん、

一週間でお空へ帰ってしまった

二代目のオリバー、

そしてオリバーの代わりに来た

三代目のバイロン。

 

私の妄想の中では、

のんきでお人好しのアレックスを

しっかり者のオリバーが

あちこち連れ回しています。

 

犬と暮らすようになったことで

一番のメリットは、

 

散歩の習慣ができた

 

ということにつきます。

 

どこかへ行くためではなく

「ただ歩く」ために使う時間は、

考え方によっては

無駄な時間かも知れないけれど。

 

空気に漂う雰囲気が

季節によって違うことや、

暦の通りに気候が移り変わること。

 

雨の日は気分がふさぐけれど

晴れていると足取りが軽くなること。

 

風に吹かれて歩いていると、

何となく自分の輪郭も心も

なめらかな曲線になっていく

ような感じがします。

 

バイロンも散歩は大好きです。

住まいから5分ほどの丘に

大きな公園があり、

たいていそこを歩き回ります。

 

朝は眠たかったり

早くゴハンを食べたかったり

バイロンの気分もいろいろですが、

 

公園で落ち葉を踏んだり

木々の間をそぞろ歩いたり

座って空を眺めていると、

表情が明るく穏やかに

なっていくのがわかります。

 

舗装されていない地面

つまり地球に直接触れると、

何かが流れ込んで来るようです。

 

土は埃っぽくなるし

雑草も生えてくるし

靴も汚れてしまうけれど、

土の上を歩くのは

気分が良くてオススメです!

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM