あるがまま

  • 2018.10.21 Sunday
  • 09:11

私は、あまりタクシーを使いませんが、

 

・疲れている、または体調が悪い

・荷物が多い(重い)

・天候が悪い(大雨とか)

こんな状態の時は

ためらわずタクシーに乗ることにしています。

 

先日、重いスーツケースを持って

タクシーに乗ったときのことです。

後部座席にゆとりがある新型ではなく、

普通のセダンタイプでした。

 

ドアを開けてくれた運転手さんは、

運転席に座ったままで

私を黙って見つめています。

 

「スーツケースはトランクに入れたいな」

と私は思ったのですが、

運転手さんにはトランクを開ける気配も

何かサポートしてくれる様子もありません。

 

なので、

後部座席を汚さないように気を遣いつつ

モタモタと(重かったので)

スーツケースとともにタクシーに乗り込みました。

座席に腰を下ろすと同時に

 

「はい、ドア閉めますよ!」

という声がかかり、

バタンとドアが閉まりました。

 

行き先を告げて

タクシーは走り出したのですが、

 

何だか運転手さんから

トゲトゲした雰囲気が伝わってくるのです。

言葉遣いは丁寧なんだけどね。

 

私の何かが気に入らなくて

運転手さんは不機嫌なのだろうか?

私はモヤモヤと考えます。

こんな風に

ものごとが手順よく進まなかったり

相手が不機嫌そうにしているときに、

私は

「自分に原因(非)があるのだろう」と

考えがちです。

 

自分に非があると思い込んでしまうと

行動や言葉にもそれがあらわれ、

場合によっては

相手に八つ当たりされることが

少なからずありました。

 

客観的に考えれば、

こういう展開は馬鹿げています。

 

運転手さんが不機嫌だとしても

それは運転手さんのできごとで、

その状況や原因について

私に関わりや責任はありません。

 

最近になってようやく、

「何でも自分のせい」

という思い込みは

やめることにしました。

ちょっと努力は必要ですが、

 

ものごとを客観的にあるがままに見る

 

ことが役立っています。

 

「あるがまま」については、

また書こうと思っています。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM