時が癒やす

  • 2018.10.08 Monday
  • 14:30

時間が経つと、ものごとは変化していきます。

 

時の波に洗われて

深みと輝きを増す場合もあるけれど、

だんだん古びて色あせることも

少なくありません。

 

魂に深く刻まれた強烈な体験も、

ほんの少しずつ薄らいで

乾いた手触りになっていきます。

 

大切な人やできごとの思い出も

生々しい痛みを伴う思い出も、

だんだん遠ざかっていきます。

 

たぶんそれは、

時の恩寵なのだと思います。

 

ふと気づいたら、

20年以上前に関わった人との

記憶が遠く薄らいでいました。

 

まるでホラー映画のように

その頃のことを夢に見たり、

 

「もう終わったことだ」と

自分にいくら言い聞かせても、

その頃の自分に戻ってしまい

怖くてうずくまる

 

ごくたまに不意打ちのように

記憶が蘇ることがあったのです。

それが、

もう記憶を思い起こしても

以前のような無力さを

感じなくなりました。

 

その記憶に怯えていた私、

違う表現をすれば

私はその記憶に執着していた

のです。

 

怖くてもう見たくない

忘れてしまいたいという気持ちが、

かえってその記憶を後生大事に

抱え続けることになったのでしょう。

 

通り過ぎてしまえば、

あの体験から今の私が生まれた

ということがわかります。

 

カードを引いてみました。

 

================

浄化

 

水はものごとを洗い清めて

本来あるべき姿に導く力を

持っています。


埃は気づかぬうちに積もるもの。

身体を洗い、口をすすぎ、

感謝の心で言葉も清めましょう。

 

あなた自身が浄化されると、

周りの人もつられて

浄化されていきます。

 

長い間かけて染みついた汚れは、

太陽の力も借りてみましょう。

晴れた日に虫干しをすると、

どんよりした雰囲気も

すっかり消えてしまいます。

===============

 

そうなんですね〜!

私にはまだまだ「浄化」が

必要だと思うのだけど、

ちょっとずつ焦らず進めていこうと

思うのでした。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM