違う視点

  • 2018.10.07 Sunday
  • 08:45

 

気の合う同士の友達は、とても大切です。

 

ツーと言えばカー。

以心伝心で、不思議なシンクロを体験したり

話が弾むと時間を忘れてしまうほどです。

 

私の気持ちを誰よりも理解してくれる

彼の考えにはとても共感できる

 

そんな風に

魂の一部を共有しているかのような

特別な絆を感じる友達がいれば、

それを支えに

この世の荒波を渡っていけそうです。

 

ものごとに対して

同じ価値観や好みを持ち

同じ未来を夢見る人たちの

集まり(コミュニティ)に属していると、

とても安心だし

快適に楽しく過ごせるでしょう。

あなたも、そんなコミュニティに

属しているかも知れませんね。

 

けれども・・・

 

そのコミュニティ以外の

人や価値観や行動を

理解しようとしなかったり

排斥しようとしてはいないだろうか?

 

もしももしも

そのコミュニティ自体の

価値観や行動や方向性が

ちょっと変になっていないだろうか?

 

そんなこともチラッと考えます。

 

同じ価値観を持ち

同じ方向を見つめる同士だから、

 

同じ落とし穴に落ちたり

同じ偏った視点を持つ

こともあるかも知れません。

 

自分の価値観や行動や立ち位置を

客観的に見ることができれば

この手の事態は避けられる

と思います。

 

じゃあ、具体的には?

 

一番簡単なことは、

コミュニティに属さない人たち

とも付き合うことだと思います。

場合によっては、

一番難しいかも知れないけれど。

 

世界中の人の数だけ

個性と生き方と価値観があり、

だからこそ

この世界には様々な美しさがあり

広がっていくのだと思います。

 

違いがあるからこそ、

人生には思わぬ驚きや喜びが

あふれているのだろうなあ・・

 

最近はこんなことを思っています。

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM