音叉と共鳴箱

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 16:49

音叉が好きで、何本か持っています。

 

以前は

楽器をチューニングするための音叉(440Hz)しか

知らなかったのですが、

20年近く前にヒーリング系のお店で

さまざまな周波数の音叉と出会いました。

それ以来、

気に入った周波数のものを少しずつ集めて

楽しんでいます。

 

リラクゼーションのための道具、

と捉えても良いかなと思います。

 

お寺の鐘や鈴の音に耳を傾けるように、

 

身体の緊張がほぐれたり

ざわついた心が静かになったり

辺りの空気が清々しく変わったり

 

そんな作用を感じられます。

 

音叉の柄の部分を身体に当てると、

音や振動が身体に染み渡るようで

とても心地よいものです。

 

人間はこの手の物に対して

まず批判や分析をしがちなのですが、

人間以外の動物の場合はシンプルに

「気持ちよい」「好き」「怖い」「嫌い」

などの感覚的な反応が返ってきます。

 

バイロンは音叉が大好きです。

音叉を当てながらマッサージをすると、

すぐに寝息を立て始めます。

一日の終わりに疲れた身体を緩めると、

翌日の調子も上々です。

 

ところで、

ロシアリクガメのオリーブちゃんが

2日ほど便秘をしたときのこと。

温浴とか散歩をさせてみたのですが、

どうも憂鬱そうに見えたのです。

 

そうだ!

思いついて音叉(132Hz)を

オリーブちゃんの甲羅に当ててみました。

なんとなんと!

甲羅に共鳴してよく響くのです!

「共鳴箱」そのものだからね!

 

オリーブちゃん自身は

「あれ?」「なにこれ?」という感じで

首を伸ばして不思議そうにしています。

逃げ出すことも身体を縮めることも

なかったので、

少なくとも不快ではないらしい。

そのまま音叉を響かせ続けていたら、

数分後に大あくびを一つ。

 

何となく一区切りついた気がして、

私はその場を離れました。

 

それから30分後に

家人がオリーブちゃんを見に行くと、

そこには大きなウンチがあったのです!

すぐに効果があるとは予想しなかったので、

本当に驚きました。

周波数(振動)がオリーブちゃんの全身を

文字通り揺り動かしたのですね。

 

音叉は地味なツールです。

使い方も簡単だし、

日常生活に取り入れやすいと思います。

 

サロンにも何本か音叉を置いてあるので、

セッション等のついでに

音叉を試してみることもできますよ。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM