続・占いって?

  • 2018.09.13 Thursday
  • 14:11

9月4日の記事 占いって? の続きです。

 

先日ラジオを聞いていたら

「あなたの占い体験」アンケートをしていて、

なかなか興味深かったです。

 

☆当たらなかった。

彼女ができると言われたのに、

出会いなんて全然ない。

 

☆ひどい。

結婚したいと思っていないのに、

このままじゃ結婚できない

と断言された。

 

などなど。

 

今さらながら気づいたのですが、

占いとは

「当たる」「当たらない」

という評価をされるのですね。

 

例えば

「希望の大学に合格できる!」

と言われたとして、

全く勉強しないで入試の日を迎えたら?

合格は難しいのではないだろうか?

 

未来には不確定な要素があり、

少なくとも私の場合には

未来の予測はピンポイントではなく、

「AからCの範囲」または

「AかC」という表現になってしまいます。

 

「不確定な要素」も織り込んで

未来を観ることができる人がいれば、

ピンポイントに的中するのでしょう。

 

私は数秘学やカードを使って

人生の方向性、資質、可能性、心の中などを

読み解いています。

 

得られた情報、予測、助言を

クライアント様にお伝えすることはできますが、

そこから先の選択(決断)と行動に関しては、

クライアント様の自由意思に任されています。

 

もちろん「不確定な要素」も介入してくるし、

緻密な計画を立てたとしても

100%計画通りにものごとが実現することは、

滅多にないような感じがします。

ざっくり言ってしまえば、

宇宙ってそんな仕組みらしいのです。

 

何だか話がずれてきましたが、

「当たる」ことが占いの要件なら、

私がしているセッションは

占いではないなあ〜と

思ったのでした。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM