大切なものは?

  • 2018.09.21 Friday
  • 08:26

自分の立ち位置や状況を確認するために

他の人やものごとと自分を比べてみる。

日常的によくあることだと思います。

 

他の人の様子を見てペース配分をする。

北極星の位置を見て進路を確かめる。

道行く人の服装から何を着るか決める。

 

必ずしも必要ではないけれど、

周囲の人たちと協調する方が

無難な局面もあります。

例えば、

ドレスコードがある集まりや

礼儀正しく振る舞うべき場面など。

 

場の趣旨を考慮せずに

あまりナチュラルに振る舞うと、

周りの人が困惑してしまったり

自分もいたたまれない思いを

するかも知れませんね。

 

それはさておき。

 

私は自分の進路や立場を決めるとき

世間の風潮や価値観も気になるし

他の人の反応を想像したり

あれこれ思い悩むのですが、

 

皆さんは、

世間(他者)の風潮や価値観と

自分の気持ちや状況や目標と、

どちらを優先しますか?

 

どんな人でも何らかの形で

他者と関わり合っているし

日本人的な条件付けとして

「和」が何よりだと思いがちなので、

 

身近な人が渋い顔をしたり

あなたの目指すことや決断が

「前例のない」ことだったりすると、

 

ごく自然に

あなたの決断や進路を諦めたり

あなたの心そのものである信念を

壊してしまうかも知れません。

 

実は私はそんなことを

何回も繰り返してきました。

 

自分よりも他の人を優先したり

波風を立てない生き方は、

見方によっては「美談」と

受け取られることもあります。

 

でもね。

本当にそれで良いのか?

 

自分の軸(判断の基準)を

自分自身ではなく

他者の価値観や風潮に置くと、

何だか妙なことになりそうです。

 

う〜ん。

 

うまくまとまらないけれど、

自分の人生を人任せにしない方が

困難なことはあっても

手応えはあるのではないかなあ

と思います。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM