治癒力

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 10:36

風邪を引いたら、風邪薬。

下痢をしたら、下痢止め。

 

子供の頃から、当たり前のように

そう考えてきました。

私はひ弱な子供だったので、

西洋医学の薬にも漢方薬にも

長い間お世話になっていました。

 

そのうち大人になって、

 

薬を飲んだから

病気が治るのではなく、

薬が症状を抑えているだけだ

 

ということを理解しました。

そして、身体を回復させるのは

本当は自分自身だったなんて!

 

そういえば・・・

うんと小さい頃のホームドクターは

たいていの場合

 

鶏と野菜のスープ、それにおかゆを食べて

暖かくして休んでいなさい!

 

という

「養生」を厳しく指示することが多く

薬は少ししか処方しなかったことを

覚えています。

 

自分の生命力や治癒力に気づくと、

ものの見方や価値観が大きく変わります。

 

そして

「病は気から」という言葉があるように、

身体と心は連動しています。

 

我が家は皆それなりに老化しているので、

あちこち不調が続いています。

そんなとき

「病気」や「不具合」だけを見ずに

自分の「在り方」を視野に入れると

何だかフッと気が軽くなり、

 

病気や不具合を持っている自分を

受け入れて生きていこう!

なんて思えます。

うまく説明できないけれど・・・

 

西洋医学も東洋医学も代替医療も

サプリメントもハーブもアロマも

ヒーリングもご祈祷も、

自分自身の生命力を高めるサポート

のための手段だと思います。

 

だからといって、

お医者さんや薬なんていらない!

というつもりはありません。

 

大切にすべきことは何か?

自分はどんな風に生きたいのか?

 

そんなことを考えながら、

お医者さんや薬と

うまく付き合って行こうと思います。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM