カード遍歴その4

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 12:15

先日、初めて

「セルフ・セラピー・カード」

というものを体験してきました。

どんなものか全くわからずに

リーディング付きの気軽なセミナーに

出席したのです。

 

とても興味深かったのが

全48枚のうち半数の24枚が

ネガティブな

カードだということです。

 

これって、

ネガティブに見えるけれど

本当はポジティブで良いカード

ということではなく、

 

はっきりと

ここにネガティブなものがある

と指し示しています。

 

場合によっては、

ネガティブなカードが現れると

とてもショックだし

傷つくかも知れません。

 

けれど、実際には

ネガティブな要素を認めることが

ポジティブな方向へ向かう

きっかけになります。

 

妨げたり足を引っ張る要素を

しっかり見極めてこそ、

ものごとはスムーズに進みます。

 

セルフ・セラピー・カードは

少しOsho禅タロットに似ていると

思いました。

このカードの話し方も良い感じ。

潜在意識にフォーカスするので、

問題解決のためだけでなく

瞑想や自分との対話にも

役立ちそうです。

 

そんなわけで、

詳しく学んでみることにしました。

楽しみは広がります。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM