占いって?

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 10:16

さて。「占い」って何でしょう?

「占い」という言葉から、何を連想しますか?

 

辞書を引いてみると

 

何らかの「しるし」によって、

隠されたことや未来を知ろうとする宗教行為。

世界中のあらゆる民族に見られる・・・・

 

そんな感じのことを書いてありました。

「宗教行為」という表現は、おそらく

「人智を越える」知恵や

「何か大きな存在への畏怖」などを

感じるから?なんて思います。

 

「表面に現れていないこと」

「ものごとの隠された真実」

「まだ起こっていないこと」

について知ろうとする行為ですものね。

 

ともあれ

「占い」という言葉には、

 

実証できる根拠も理屈もないのに

見えないもの(人の心とか)や

まだ起こっていない未来について

まことしやかに語ること

 

という意味も感じ取れます。

 

「占い」的なことを好む人も

毛嫌いする人もいます。

あなたはどちらですか?

 

ところで私は

数秘学やタロットと関わって

12年以上になります。

 

私がしている

セッション(リーディング)は

占いなのでしょうか?

 

ときどき考えるのですが、

いつもわからなくなります。

広い意味では

「占い」という範疇だろうけれど、

私個人としては

何だかちょっと違うかもなあ・・・

と思っています。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM