風を入れる

  • 2018.07.14 Saturday
  • 13:18

Osho禅タロット水の5

Clinging to the past 過去への執着

※※画像はOshoJapanから

お借りしました※※

 

見る度にドキッとするカードの

うちの一枚です。

 

カードのタイトルどおり、

この人は

過ぎ去った思い出から手を離せず

未来へ踏み出せずにいます。

 

過去はもう戻ってこないと

わかっているのに、

 

思いがけない瞬間に

あの頃のできごとや会話が

ありありと脳裏によみがえり

動けなくなってしまいます。

 

過去に絡め取られていると、

「現在」とそれに続く「未来」を

見ることはとても難しい。

 

例えるなら、

びっしり物が詰め込まれた物置。

どう処分して良いかわからない

押し入れの中の古い写真や衣類。

 

「過去」は重くて湿気ている。

空気が淀んでいるのでカビ臭く、

そこにいるあなたにも

カビの臭いが染みつきます。

 

さあ、そんなときはどうするか?

 

どこか一カ所に風穴を空けましょう!

 

窓を大きく開けて外の空気を取り込む。

大掃除(引き出しや本棚や押し入れも)をする。

古い手紙や書類、

もう着なくなった衣類を処分する。

思い出すと気が滅入る思い出や

忘れられない大事件について

紙に書き出してみる。

ものを「捨てる」ことは本当に効果的です。

「何かの時のために取っておこう・・」

と思う物こそ捨ててみましょう!

たいていの場合、

捨ててしまってもどうということはありません。

 

そして、紙に書き出すことは

頭の中を整理することでもあります。

なので、書いているうちに

「何でこんなことを気にしていたんだろう?」

とか、過去のできごとの真相とか

意味についても気づくかも知れませんよ。

 

とにかく、風を入れることが大切!

風が吹けば、一時的に埃が舞い上がるけれど

ものごとは自然と動いていくものです。

 

風が淀んだ空気を吹き払ったら、

未来から新鮮で爽やかな気配がやって来ます!

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM