オンリーワン

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 10:14

昨年、及川徳子さんのセッションを受けたとき

私の重要なキーワードとして

「オンリーワン」が浮かび上がってきました。

 

徳子さんのセッションの中では

アファメーション(キャッチフレーズと言っても良い)を

見つけるのですが、

「オンリーワン」を織り込んだアファメーションは

ヴォイススキャンを通してみると、

いろいろな方向に激しくキラキラするのです。

 

Only One ・・・ この世で唯一(たったひとつ)の

 

という意味合いですね。

 

そういえば、私は「オンリーワン的」なものやことがらに

とてもこだわりがあります。

(大切にしている、とも言えそうです)

 

子供の頃は、周りのみんなと感覚(好み)が違うことに

劣等感や疎外感を持っていました。

 

例えば、みんなが「赤いシャツが一番ステキ!」

と盛り上がっている状況下では、

「私は黄色いシャツが一番ステキだと思うよ!」

と意思表示できないだけでなく

「赤いシャツをステキだと思わない私は間違っている」

と自分自身を責めたりしたのです。

 

今となって思い返すと、馬鹿馬鹿しい悩みです。

考え方や好みや感覚は人の数だけあり、

絶対的な基準や「正しい」「間違っている」など

あり得ません。

それが「個性」「才能」というものですね。

 

ずいぶん大人になった今、

自分の考えや好みを隠さなくても良い、

ということにようやく気づきました。

 

皆それぞれ個性が違うからこそ面白い!

のだと思います。

 

そうそう。

自分の個性は自分では「当たり前」なので、

自分で気づかないことがあります。

 

編み物が上手

創作料理なら誰にも負けない

子供と遊ぶのが大好き

山菜採りの達人

お金の管理が得意

 

などなど。

気づいていないだけで「個性」や「才能」は

誰にでも必ず、複数あるんですよ!

 

自分のできることを紙に書き出すことも役立つし、

セッションの中で

数秘学やヴォイススキャンを通して見つけることも

できそうです。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM