感覚

  • 2018.09.03 Monday
  • 14:11

私たちは本来、

自分の感覚を頼りに生きています。

とはいえ、日常的に感覚を研ぎ澄ませている!

という人は少ないかも知れません。

 

もしもあなたが野生の動物だったり

遭難して生き延びようとするとき、

最終的にものを言うのは

五感とそれを統合する第六感(直感)

だと思います。

 

とっさの判断、無意識の反応

として現れるかも知れません。

 

後から、その時のことを思い返しても

なぜ、あんな判断をしたのだろう?

と納得できる理由が見つからない。

 

けれど、

その判断をしたからこそ

困難な状況を乗り越えられたことは

ハッキリしています。

 

これって、運の良さでもありますね!

じゃあ、どうすれば

こういう感覚を身につけられるか?

 

残念ながら早道はありません。

もともと私たちの中には

敏感で高性能のセンサーが

備わっているのですが、

日常生活でセンサーを

使っていないので、

すっかり錆び付いてしまった

ということなのだと思います。

 

ということは、

ちょっとずつセンサーを

使う練習をすれば良さそうです。

 

好奇心を広く持つとか

世の中の動きに注意を払うとか

違う角度からものごとを眺めたり

他の人の気持ちになってみるとか、

 

いちばん大切なことは

「自分には関係ない」と切り捨てない

ことだろうと思います。

 

広い意味で、

「自分には関係ない」ことなんて

世の中にはないんですよ!

 

いつもいつも

周りに注意を払っていると疲れるので、

私はイメージの中で

小さなアンテナを頭に付けています。

これなら、安心です!

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM