カード遍歴その2

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 17:01

先日の記事 カード遍歴 の続き。

 

カードを引いたときに

 

ポジティブな印象やキーワードを持つカード

(良いカード、とも言える)が現れると

気分が上向きになり、

 

ネガティブな印象やキーワードを持つカード

(悪いカード、不吉なカードと感じるかも)だったら

気分が滅入ったり不安になったりする・・

 

これは、当たり前だと思います。

 

当たり前ではあるものの

今日の運試しのように一喜一憂するだけでは、

何だかもったいないです。

目の前に現れたカードを通して、

「今ここ」から続いていく未来へのヒントを

たくさん受け取ることができるからです。

 

と言っても、例えば

「恋愛」というカードを引いたから恋人ができる

「延期」というカードだから動かない方が良い

などの表面的な解釈だけをすると、

すぐに行き詰まってしまいます。

たったこれだけの理解をするまでに、

私はずいぶん時間がかかりました!

 

それに、

カードと人間の交流でもあるので

相性も重要だと思います。

人間がカードの個性を強調したり

カードが人間の能力を引き出したり、

「共同作業」と言っても良さそうです。

 

ここら辺は

人間どうしの付き合いと同じなので、

少しずつ相手を理解して親しくなる

努力が必要です。

 

相手に興味を持っていれば、

相手のことを知ったり

自分を理解してもらう過程(努力)は

決して苦痛ではなく、

むしろ楽しくドキドキする体験に

なると思うのです。

恋愛と同じですね!

 

カードの並べ方(展開法)も

何種類もあるけれど、

それぞれ特徴があるので

実践してみるのが一番かも。

 

最近、ふとしたきっかけで

新しい並べ方を見つけました!

けっこう良い感じなので、

講座の中でシェアしようと思っています。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM