カード遍歴

  • 2018.07.02 Monday
  • 17:19

タロットなどのカードが好きです。

 

タロットの面白さに目覚めたのは、12年くらい前。

今起こっていることの背後にあるもの

人の心の中にある動きなどを

カードを手がかりとして洞察することに

夢中になりました。

 

人の心やものごと、

単純そうに見えて複雑だったり

かと思えば逆のこともあるし、

ものごとの根っこが

思いがけない方角へ延びていたり。

 

例えるなら、

ジグソーパズルや知恵の輪を

ちょっとずつ解いていくような。

 

ただ「面白い」だけでなく、

人の心の深みにある本質や

目に見えない何かを感じる体験は

私にとって

得がたい宝物だと思っています。

 

「ズバリ的中」「ピタリと当たる」

だけを目的にしていたら、

こんなに興味が続かなかったかも

しれません。

 

タロットに目覚めた時期に

知人の多くが愛用していた

ドリーン・バーチュー女史による

天使や女神や妖精をテーマにした

美しいオラクルカードのシリーズ、

 

何作か手に入れてみたものの、

フワフワした感じになじめず、

結局すべて手放してしまいました。

 

ところが、それから数年後に

約1年間にわたって

ドリーン女史のオラクルカードと

深く関わる日々を過ごしました。

人との出会い、ものごととの縁は

本当に不思議です。

 

オラクルカードと過ごした日々は、

何となく敬遠していた

ドリーン女史の世界観に対する

私の「思い込み」は訂正されたし、

自分の心と「あり方」を

さまざまな出会いとできごとから

じっくり考える機会となりました。

 

カードにはそれぞれ独自の個性があり、

ということは

 

「カード」と「人」の相性もあるようです。

人と人の関係と同じですね。

だから、相性と意図によっては

そのカードが素晴らしい働きをしたり、

はたまた

何だかピント外れだなあ、と感じたり。

 

さらに、

多くの人に愛されているカードはこなれていて(?)

使いやすいものだと思います。

 

カード、本当に面白いです。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM