慣れると馴れる

  • 2018.06.24 Sunday
  • 08:39

新しく人と知り合うとき、

つまり初対面の時は

誰でもちょっと緊張した

「よそ行きの顔」に

なるものだと思います。

 

相手との心の距離をはかりつつ

なるべく友好的に関わり合ううちに、

相手の人となりを理解して

自分のことも知ってもらって、

お互いの存在が近く親しく

なっていきます。

これって、国と国の外交も

私たちレベルの関わりでも

同じことですよね。

 

最近、よく思うこと。

 

☆相手の存在に慣れて

のびのびと親しく関わること

 

☆相手の存在に馴れて

自分の都合を押しつけること

 

この二つ、似ているようで

実は方向性が全く違います。

 

お前と俺の仲なんだから

このくらい良いじゃないか

こういう感じの場面に出会って

ビックリすることが

(がっかりすることでもある)

時々あるのです。

 

でもこれは

自分のために相手が見せてくれた

という側面が

必ずあるような感じもします。

 

できることなら、

お互いへの尊敬と信頼を持って

人と関わっていきたいなあ

 

なんて改めて思うのでした。

 

似たテーマとしては、

「助け合う」と「利用し合う」も

ありますね。

 

いずれにしても、

あなたと向かい合っている人は

あなたの中の何かを映し出しています。

 

それに気づくと、

人との関わり方が変わってきそうです。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM