食べる

  • 2018.05.10 Thursday
  • 09:33

気づけば、もう2ヶ月以上

仕事場と住まいの片付けを続けています。

 

特に仕事場のお片付けについては、

過去に関わった人たちとのできごとを

もう一度体験して整理する側面もあるようで、

想像以上に大変でした。

 

作業に取りかかってしばらくは、

まるで足元(足首の辺り)から

体力がどんどん流れ出ていくような

ひどい疲れを感じたものです。

 

2時間作業したら、ばったり倒れ込む。

身体は疲れ切っているけれど、

頭の中は嵐が吹き荒れているようで

ちっとも休まりません。

夜も眠れず(中途覚醒ってヤツ)、

久しぶりの大ピンチでした。

 

4月の初めに、思い切って

家財や在庫をどっさり手放したら

そこに風穴があいたようで、

手詰まりな感じが解消しました。

まだ片付けることはありますが、

予定通り進めていけそうです。

 

考えながら作業していると、

どんどん現実離れして来ます。

仕事場では一人なので

食事は適当に済ませていたのですが、

あるとき思いついて

近所の小さなイタリアンレストランへ

行ってみました。

 

これが大正解でした。

料理が美味しいのはもちろん、

食べることで

「お片付けの世界」から

現実の世界へ戻ってこれることに

気付いたのです。

 

友人がときどき食事に誘ってくれて、

その時間は、気分転換

(ハッ!と我に返る時間)のためにも

貴重なひとときです。

 

そうなんです。

「食べる」ことは

感情に囚われてしまっているとき

意識を「今ここ=腹」に戻す

作用を持っています。

 

もちろん

身体は燃料がないと動けません。

さらに、意識と身体が一体となっていないと

本当の力を発揮できないように

思うのでした。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM