シーちゃん

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 08:08

先日、沼津港深海水族館を訪れました。

 

目の前に広がる駿河湾(水深2,500mだって!)

に住んでいるさまざまな深海魚と、

生きている化石「シーラカンス」の

冷凍保存(!)と剥製の展示をしています。

 

沼津での所用ついでに

正直なところ期待せずに行ってみたのですが、

見応え十分で面白かったです。

訪れたのが日曜日だったためか

家族連れの子ども率が高く、

ミュージアムショップも大混雑でした。 

 

うちには

シーラカンスの大きな化石があります。

誰もが迫力に腰を抜かす代物です。

もともとは、こんな大きな化石

私は欲しくなかったのです。

当時一緒に仕事をしていた人を通して、

無理矢理押しつけられるように手に入れた

という経緯があります。

 

うちに来た頃のシーラカンスは、

立派な鉄の台座にふんぞり返っていました。

まあ、彼の価値としては当然なのですが、

心理的な距離がなかなか縮まらず、

私は打ち解けられずにいました。

 

月日は流れ、

件の仕事仲間との縁も切れました。

状況も私の心もずいぶん変わり、

今年になってから

本格的に模様替えなどをしています。

 

ふと思いついて、

シーラカンスを台座から下ろして

柔らかいマットに寝かせてみました。

彼も緊張して疲れているように

感じられたのでね。

 

マットに伸び伸びと身体を伸ばし、

心なしか顔つきも和らぎ

くつろいでいる彼を見ていたら、

ついつい

 

シーちゃん

 

と名前をつけてしまいました。

 

当然ながら、私の妄想です。

けれど

ガチガチに緊張していたシーラカンスが

のびのび楽しげなシーちゃんになったのは、

おそらく

私の心が変わったからなのだと思います。

 

シーちゃんだけでなく、

他の大きな石たちの雰囲気も

ずいぶん柔らかく変わりました。

やっぱり、不思議です。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM