顛末その後

  • 2018.04.20 Friday
  • 05:13

先日の記事 乗っ取られ顛末 の続きです。

 

4月13日の、乗っ取られ事件から一週間。

何だか気持ちがひどく揺らぎましたが、

ようやく平静に戻りつつあります。

 

知り合いの体験談を思い出しました。

もう鬼籍に入られているし、

内容を少し変えて書いてみます。

 

電車の中で現金を紛失してしまった。

今日中に取引先へ支払わなくてはならないので、

何とか800万円を都合してほしい。

 

自宅にいた奥様へ、ご子息を名乗る男から

こんな電話がかかってきたそうです。

奥様は慌てて仕事中のご主人へ電話。

 

話を聞いたご主人も慌ててしまい

銀行へ飛んでいく勢いのところを、

ご主人の秘書が必死に止めたそうです。

肝心のご子息に電話してみたら、

ご子息は「オレ、そんな電話していないよ」

 

よく聞くパターンの話ですが、

実はご主人は現役バリバリの法律家で

その手の詐欺や対策にも詳しい人だったのです。

 

後になってご主人は、

「どうしてあんな話を信じたのかわからない」

と言ったそうです。

冷静に落ち着いていたら、

絶対に引っかからない類いの話です。

 

この手の犯罪は、

 

滅多にない偶然が重なってできた

「ほんのわずかな隙間」に

やってくるような気がします。

 

エアポケットに落ち込む

何かに魅入られる

 

そんな感じがするのです。

 

風潮としては

「何でそんな話に騙されるんだ」

「スキがあるから巻き込まれるんだ」

などと言いがちなのですが、

本当に悪いのは

 

騙そうとして詐欺を仕掛けてくるヤツ

 

なんですよね。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM