• 2018.04.07 Saturday
  • 06:44

我が家のラブラドール・レトリバー

バイロンは11歳と2ヶ月。

彼は子どもの頃から虚弱体質、

心も繊細でちょっとのことで体調を崩す

手のかかるうらなりくんです。

 

雨が続いたり寒暖の差が大きいなど

お天気によって気分が左右されるのは、

人間と全く同じです。

 

私や家人が忙しくしていて

バイロンに気持ちを向けない日が続くと、

やはり体調が悪くなってしまいます。

こんなときは

バイロン優先のスケジュールにして

散歩をしたり家で一緒にゆっくり過ごすと、

それだけで

彼の体調が良くなることが多いのです。

 

なかなか考えさせられます。

 

「私が忙しいとバイロンの体調が悪くなる」

 

これって、

バイロンのことだけではなくて

私のことでもあると思います。

 

私と密接に関わり合っているバイロンは、

私を映す鏡でもあるからです。

それに「忙しい」という漢字は、

「心を亡くしている」とも読めます。

 

ということは

 

私はバイロンを通して自分自身を見ている

 

わけなので、

 

本当に心と身体の養生を必要としているのは

私自身なのですね。

だから、

一緒にのんびりするとバイロンも私も元気になる

のだなあ。

 

人間関係の基本、かも知れません。

 

自分の身体や心の状態によって

ものごとの捉え方や

他の人との関わり方が変わってくる

 

よく考えると当たり前のことなのにね。

 

周りの人との関係がギクシャクしているとき、

自分の状態を顧みることは

何かと役に立ちそうです。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM