知らせ

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 14:42

実際に顔を合わせたことはないけれど、

電話やメールで何度かお話をした人が

亡くなったと知らせがありました。

 

その人は、

難民サポートの活動をしていました。

お金や物を援助するだけではなく、

難民が誇りを持って自立するための

プロジェクトに携わっていました。

それは、

放っておけば失われてしまう

伝統技能や文化をつなぐ活動でもあります。

 

以前、そのプロジェクトに参加して

我が家にも素晴らしい作品がやって来ました。

 

先月、10年ぶりにその人へメールを送りました。

が、2週間経っても返信がなかったので

忙しいのかな?とか、メールを見落としたのかな?

と気になっていたところだったのです。

 

たまたま、そのタイミングでメールを送った

 

というだけかも知れません。

けれど、視野を広くしてみると

ものごとに偶然はないと思うのです。

規模を宇宙まで大きくすれば、

その人が織り上げつつあった模様には

多くの人の縁が織り込まれています。

たった一度の出会いであっても、

その模様に個性や深みを加えます。

 

そんな風につらつらと妄想しています。

これから私に何ができるのか、

じっくり考えるときかも知れません。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM