言葉は語る

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 16:09

言葉はそれを発する人を象徴する

言葉がその人を作り上げる

 

そんなことを感じています。

 

言葉はコミュニケーションの手段ですが、

ただそれだけではなく

実は深いレベルで心(魂)と繋がっています。

 

その人の心が本当に感じていることを

言葉として発したときには、

その言葉は他の人の心を動かすけれど、

 

心が感じていることと言葉が違うとき、

態度・表情・状況・言葉・声のトーン

どこも変ではないのに、

それを聞いている人は

あれっ?と感じることがあります。

 

それは、

その言葉とその人のエネルギーが

食い違っているから。

 

とはいえ、人間は演じることができるので

ちょっと厄介です。

 

相手の言葉に違和感を感じたら、

目を閉じて

相手の言葉と声の響きに集中しましょう。

 

目から入る情報を遮るだけで、

言葉と声の背後にある真実を

感じ取りやすくなります。

 

声は嘘をつけません。

 

ということは、

心にある思いをベースにして

他の人とコミュニケーションをすれば

人間関係のトラブルはずいぶん避けられそう。

 

駆け引きや策略、本音と建て前の使い分け・・

できれば、それはなしで済ませたいです。

ものごとが円滑に進む効果もあるだろうけれど、

人間関係はどんどん複雑にデリケートに

なってしまう感じがします。

 

私自身は基本的にとても単純なので

よく言えば率直、

違う表現だとデリカシーに欠けるところがあります。

恋愛の駆け引きはたいへん苦手なタイプですね。

 

それはさておき、来週から始まる講座が

どんな風に私を変えていくのか・・・

ワクワクしています。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM