嘆き

  • 2017.12.18 Monday
  • 22:30

Osho禅タロットの

Sorrow(嘆き)。

※この画像は

Osho Japanからお借りしました※

 

このカードは、

その人にとっての正念場とか

重要な場面で

よく見かけるように思います。

 

カードのタイトルは「嘆き」。

仏陀の弟子である阿難の絵で、

 

仏陀が入滅したとき

弟子のうちで阿難ただひとりが

光明(悟り)を得られていなかった・・

というエピソードが描かれていて、

 

ちょっと見ただけでは、

「うっ!」という感じになります。

 

カードの数を見ると「9」。

9は、

できる限りの努力をした後は

なりゆきを運命にゆだねる

という要素を持っています。

 

ということは、

いま目の前で起こっていることと

真正面から深く関わり合いなさい。

嘆き、怒り、痛み、悲しみ・・・

状況の中にとことんまで

どっぷりと深く沈み込み

徹底的に関わることができれば、

その先には

大きな変化や変容の兆しが

見えてくるでしょう。

 

このカードは

こんな風に語りかけているのですね。

 

確かに、

どん底(!)までたどり着けば

あとは上ってくるしかない。

 

起死回生、死と再生

などのキーワードも浮かびました。

 

禅タロットはとても強烈、

思わぬ方向から

ヒントや刺激を与えてくれて

とても面白いです!

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM