• 2017.06.10 Saturday
  • 19:01

先日、ある神社を訪れました。

 

初めて訪れる場所なので

地図を確認しながら歩いたのですが、

行けども行けども山の中。

 

何だか霧も出てきたし

だんだん道は細くなっていき、

前を元気よく歩いている友人の背中に

「もう帰ろうよ」と

何度も声をかけたくなりました。

 

心細くて無口になってしまった頃、

神社が目の前にあらわれました。

神社といっても

ご神体の岩と小さな祠が

あるだけです。

 

最初にこの岩を見つけた人は、

どんなに驚いたことだろう・・

と思わせるような

「普通じゃない」

たたずまいの岩でした。

 

大きな岩をあちこちから眺めたり

あたりの雰囲気を十分に堪能して、

 

そろそろ帰ろうか、と

 

歩き出そうとしたとき、

 

谷底から一陣の強い風と白い霧が

旅人たちにごおーっと

吹き付けたのじゃったよ。

(日本昔話ふうに)

 

「あれ〜、今の風すごかったね〜」

 

私たちは暢気に話しながら

帰り道を急いだのです。

行きとは打って変わって

お日さまも差してきて

快適な道のりでした。

 

ところが

歩いているうちに、

首と肩がガチガチに固くなり

頭も締め付けられるように

痛くなって来たのです。

 

困ったなあと思いながらも

山を下りて

帰り道のカフェで

ひと休みしていたとき、

友人にその話をしました。

 

「え〜???」と聞いていた友人は、

私のペンダント(石が付いている)を見て

 

「そのペンダントを外してごらんよ」 と

 

ひと言。

 

半信半疑ながら、ペンダントを外すと

あーら不思議!

頭痛も肩こりもスーッと和らぎました。

どうやら、

誰かが付いて来ちゃったみたいです。

 

あの一陣の風が吹いたときに、

ちゃっかり

ペンダントの石に入ったのでしょう。

うちにも石がたくさんあるので、

好きなだけ遊んでいってもらおうと

思っています。

 

JUGEMテーマ:コラム

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM