ストームグラス

0
    テンポ1テンポ2
    ストームグラス(Storm Glass)、ご存じですか?
    ヨーロッパで19世紀頃に使われた天気予報の道具です。
    樟脳や硝石をエタノールに溶かして、ガラス管に封じ込めたものです。
    溶液や中にできる結晶の状態で天気の変化がわかる、のだそうです。

    天気が晴れに向かう→ 固形物や結晶はなく、液体は透明
    天気が雨に向かう → 徐々に浮遊物や結晶ができてくる
    嵐に向かう    → 大きな結晶ができる

    などなど。
    ストームグラスの内容が形を変える理由は、たぶん気圧や温度湿度の影響ではないかと言われています。
    理由がはっきりしていないところも、いい感じです。
    オブジェとしてもかわいいし、眺めていると、ちょっとのんびりしますよ〜。


    JUGEMテーマ:コラム

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「宝石の写真図鑑」

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:897 最後に更新した日:2020/06/01

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM