後悔

0

    この数年、

    写真を撮ることが楽しくなりました。

     

    カメラのおかげで

    それなりに印象的な写真が撮れるし、

    どこへ行くにもカメラを持っています。

     

    先日の旅でも、

    もちろん写真を撮りまくりました。

     

    ある景勝地を訪れたときのこと。

    実際に目で見る風景と

    写真に写す風景の印象は違うし、

    風景の不思議さが魅力的だったので、

    何枚も写真を撮りました。

     

    夜になって、ホテルで。

    その日に撮った写真を見ていたら、

    腰が抜けるほど驚きました。

    撮った覚えのないものが

    写っていたのです。

     

    光の加減とかではなく、

     

    陰気な人の顔が

     

    いくつもいくつも

    (何人も何人も?)

     

    何枚にも写り込んでいました。

     

    それも

    たまたま写り込んだのではなく、

    「あっ! 私も私も写真撮ってえ〜!」

    という感じで、

    良いポジションにおさまっています。

     

    ああ〜。

    この人たち、私たちと一緒に

    観光していたのだろうか・・・。

     

    そんな風に思うと、

    さらに気が滅入るのでした。

     

    問題の写真は全て消去しました。

    これからは、写真を撮る前に

    周囲の雰囲気も読まないとね。

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「宝石の写真図鑑」

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:897 最後に更新した日:2020/06/01

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM