植物の気持ち〜その2

  • 2016.05.30 Monday
  • 15:48

犬と暮らすようになって、
朝夕(時には夜中も)の散歩が習慣になりました。
先代のアレックス兄ちゃんは、
散歩の時にお友だち(人間も犬も)に会わないと
淋しくて気が滅入るタイプでした。

バイロンはちょっと変わっていて、
基本的にいつも友だちとワイワイしたい・・・
というタイプではないのですね。
静かな公園や原っぱをウロウロしたり。
目立たない所に寝そべって
通る人やワンコを眺めたり、
遠くの物音に耳を澄ますことが好きなのです。
なので一緒にいる私も、人のいない公園で
ボンヤリしていることが多くなりました。

でね、大きな木に囲まれていると、
ある日突然、

あっ! 木が皆で私を見ている!

と気がついたのです。
そりゃそうだよねえ。
何十年も、日に何回もここを通りかかったり、
バイロンとボンヤリ座り込んでいるんだもの。
「あっ! 来た来た!」
「久しぶりだねえ〜」
コミュニケーションといっても、
それ以上発展しないのですが、
何となく心が落ち着く感覚だったりします。

JUGEMテーマ:コラム


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM