地図

0

    私の基本的な日常は、サロンと住まいの往復です。

     

    4月からは、人混みを避けるために

    なるべく歩いて行き来するようにしています。

    直線距離は4キロ弱、地元といえる地域なので

    方角も「いま自分がどこにいるか」もわかります。

     

    ところで皆さんは、

    ご自身のいる場所を中心にして

    東西南北をすぐに示せますか?

    あるいは、

    東京駅の方角を指し示せますか?

     

    私はダメです。

    「そこから西へ100メートル歩け」

    という指令はほぼ無理です。

     

    初めての場所を訪れるときは

    必ず道順の予習をしてから

    印刷した紙の地図と

    スマホの地図アプリを頼りますが、

    たいてい迷います。

     

    車で出かけるときには

    親切なカーナビが道案内。

    以前のように地図帳を凝視しながら

    考え込むことはなくなりました。

     

    てくてくと歩きながら、考えます。

     

    もしも、初めて訪れた場所から

    「歩いて」帰ることになったらどうする?

    歩きだから、カーナビは使えない。

    スマホの地図アプリは

    通信機能とGPSが使えなければ、

    あまり活用できないような・・。

     

    歩いて帰る状況は、

    停電・地震・大雨・大雪などの

    何らかの災害のときだと思います。

     

    そういうときって、

    普通に道路を歩けるんだろうか?

    停電していれば、信号は消えているし

    それが夜なら辺りは真っ暗です。

     

    地震のときは、ガラスが散乱したり。

    大雨で道路が冠水したり。

    車の事故や火事が起こるかも知れない。

     

    ということは、

    通い慣れてよく知っているはずの道が

     

    見知らぬ危険な場所に変わる

     

    かも知れないわけですね。

     

    私のこういう思考回路って、

    身の回りの人からは

     

    「またまた大げさな。あり得ないでしょう!」

     

    という反応が返ってくるのですが、

     

    昨年の一連の台風もコロナウィルス流行も

    起こってみるまでは

     

    そんなこと、絶対にあり得ない

     

    という類いのできごとでした。

     

    そんなわけで、地図を買いました。

     

    私の脳内では

    サロンから住まいまでの道のりは鮮明ですが、

    その周辺の道路となると今ひとつあやふや。

     

    今のところの目標は、

    頻繁に訪れる場所から自宅までのルートと距離を

    地図を見ながら確認することです。

     

    普通の都道府県の地図の他に、

    「帰宅支援マップ」も買ってみました。

    職場に備え付けたり、持ち歩いても良さそうです。

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「宝石の写真図鑑」
      emi
    • 「宝石の写真図鑑」

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:912 最後に更新した日:2020/07/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM