隣り

0

    ずーっと前、

    友人に新宿2丁目のバーに連れて行かれたときのこと。

     

    そこはゲイのカップルが経営している

    普通に居心地の良い空間でした。

    皆でいろいろ話し込んだのですが、

     

    彼らは「同居」しているのではなく

    マンションの隣同士の部屋に住んでいる

    (601号室と602号室、みたいな)

     

    ということを聞いて、私もそうありたい!と

    たいへん感銘を受けたことを覚えています。

     

    ゲイのカップルがうらやましい、ではなくて。

    パートナー同士の距離の取り方が

    すごく自立していて大人っぽいなあ〜!

    と思うのです。

     

    大好きだから四六時中一緒にいたい!と

    思うのは自然なことではあるけれど。

     

    人は誰でも本当は、

    「一人になる時間と空間」

    が必要なのですね。

     

    だから、よっぽど気をつけないと

    一緒にいられる幸せな空間が

    逃げ場のない窮屈な空間に

    変わってしまいます。

    そんな経験は、ありませんか?

     

    隣同士に住んでいれば、

    一緒に過ごすこともできるし

    ひとりで過ごすこともできる。

    必要なときには、

    すぐにお互いの顔を見られるし。

     

    何よりも

    自分が相手と関わりたいという思いと

    相手に対する信頼と尊敬がある、

    ということでしょう?

     

    恋愛とか家族関係だけでなく、

    誰とでも尊重し合える関係を築く

     

    私はそんな人でありたいです。

     

    ◎◎◎ Atelier Hedgehog ◎◎◎

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「宝石の写真図鑑」
      emi
    • 「宝石の写真図鑑」

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:912 最後に更新した日:2020/07/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM