介護

0

    男女を問わずモテモテのバイロンも、

    年齢としては立派なシニアになりました。

    見かけはまあまあだけど(親バカだから)、

    動作は以前のように軽やかではありません。

     

    思い返してみれば3年くらい前、

    散歩をしたがらない時期がありました。

    バイロンの老化をはっきり感じたのは

    その頃だったように思います。

     

    こういうときは重なるもので、

    私や家族の怪我や親戚の病気。

    気づいたらバイロンは

    歩くのもおぼつかない

    老犬になっていました。

     

    本当に愕然としました。

    大型犬だし年齢としては

    もう十分に年寄りなんだけど、

    こんな風にガクンと一気に

    衰えるとは思わなかったのです。

     

    さて、それから。

     

    たまたま知り合った近所の

    ペットシッターさんが

    犬のマッサージやリハビリに

    知識を持っている方だったので、

    少しずつリハビリ的なものを

    取り入れるようにしたり・・

     

    犬友だちに紹介してもらった

    往診してくれる獣医さんに

    月2回鍼治療を受けたり、

     

    もちろん日々の生活全てを

    リハビリの場と心得て

     

    これ以上衰えさせないように

    楽しい遊びの一環として

    トレーニングを続けています。

     

    バイロンのリハビリをすることで、

    人間(私や家族)にも良い影響が

    ありました。

    思わぬご褒美みたいなものです。

     

    あれから3年。

    老化は止まることはないけれど、

    今も楽しく毎日の散歩ができるし

    ゴハンもオヤツも美味しいです。

     

    もともと依存心の強い子だったので、

    一段と甘えん坊になりました。

    要は、犬の介護をしているわけですが、

    辛いと感じるかそうでないかは

    意識の持ち方で変わってきそうです。

     

    犬や人間に限らず生きているものは、

    身体が老いて行き着く先は死です。

     

    まだ来ていない死を怖れて

    気もそぞろに「今」を過ごすのか、

    それとも手の中にある「今」を

    十分に味わい尽くすのか。

     

    今でもときどき、

    ハッと気づかされることが多いです。

     

     

    JUGEMテーマ:コラム


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「宝石の写真図鑑」

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:897 最後に更新した日:2020/06/01

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM