決断と未来

  • 2018.07.22 Sunday
  • 08:53

このところ、

セッションをさせていただく機会が増えています。

 

私のセッションでは、

クライアント様のご希望と必要に応じて

数秘学、タロット、ヴォイススキャンを使って

さまざまな情報を読み取り、

クライアント様のお話をうかがう中で

私が直感的に気づいたことや予測できることも

お話ししています。

 

情報を読み取る「リーディング」だけでなく

 

クライアント様がご自分の心にある思いを

見つめて理解するための手助けをしたり、

起こっていることの原因や意味を

一緒に紐解いていくなど、

 

クライアント様が自分の意思で決断し、

未来へ繋がる行動を起こすための

共同作業をしていると思います。

 

自分の未来は、自分自身で築くもの。

情報を集めて分析したり

誰かにアドバイスを受けるとしても、

最終的な「決断」は

自分自身で下す必要があります。

 

自分自身で決断をすることは、

人生の舵取りをすることです。

 

右へ行くか左へ行くか。

どんな決断をしても、

そこから必ず貴重な知恵を得られます。

表面上の「成功」や「失敗」は、

人生全体を視野に入れて眺めてみると

実はあまり関係ないのです。

本当なんですよ。

 

もしも、自分の人生の道筋を

他人に決めてもらうとしたら?

 

考えようによっては、

とても楽なことかも知れません。

決断するのは、自分ではないから。

予想と違う展開になったときには、

その責任を他の人に押しつけて

自分は「被害者」になれるかも。

 

けれど、どうなんでしょう?

何となく「自分の人生」という手応えは

感じにくいのではないかなあ?

 

・・・いろいろ書きましたが、

セッションを受けることで

考えの整理ができたり

直感の声に耳を傾けられたり

新しい可能性に気づいたり。

 

そんな体験をするクライアント様も

少なからずいらっしゃるのです。

 

セッションについての詳細はこちらへ。

 

JUGEMテーマ:コラム

条件付け

  • 2018.07.21 Saturday
  • 11:52

日本人に多いと言われる条件付けに、

 

質問されたことに答えなくてはいけない気がする

 

というものがあります。

 

質問者に対して答える必要がない

(そして、答えたくないと思っている)ことでも、

問われたことに一生懸命回答しようとする。

 

私の中にも、確かにその傾向があります。

 

答える必要はないし、答えたくもないんだけど

返事をしなくてはその人が気を悪くする

(その人に失礼な振る舞いをすることになる)

 

なんて思うことは、ありませんか?

 

質問者が親しい間柄の人なら、

私たちの仲で隠し事をしちゃいけない

質問に答えなければ気まずくなるかも

と思ってしまったり、

 

質問者と日常的に親しくなかったり

ときには全く面識のない人にでも、

あなたの大切な個人情報を

明かしてしまうかもしれません。

 

ここで再確認しましょう。

 

誰かに何かを質問されたとき、

その質問に答える義務と必然性がなくて

さらにあなたが「答えたくない」と思っているなら

 

その質問に答える必要は全くありません!

相手の機嫌をとるために

あなたのプライバシーを損ねるなんて、

馬鹿げていませんか?

 

しっかりと自分に言い聞かせましょう!

 

ありがちな展開として、

あなたが質問に答えないと質問者は

 

悪いことをしているから答えられないのだろう!

隠し事をするなんて、何てひどい人なんだ!

私のことが信用できないの?

もういいよ!(と怒って立ち去る)

 

などの追い打ちをかけることがあります。

けれど、これは全くの筋違い。

言いがかりとか八つ当たりです。

 

さて。

「質問者」と「問い詰められている人」の立場は

しばしば簡単に入れ替わります。

友人やパートナーのことを大切に思うあまり

その人のプライバシーに踏み込みすぎていないか、

ちょっと意識してみましょう。

 

親しき仲にも礼儀あり、という感じかな。

たとえ大好きな相手とでも

密着していると息苦しくなってきます。

ゆったりとした距離を保っている方が、

ニコニコと快適な関係を築けるのでは?

と思うのでした。

 

JUGEMテーマ:コラム

広がる世界

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 14:02

「自分は、まだ十分に知っていない」と気づいたとき、

目の前の世界がググーッと広がるように感じます。

世界には、新しい出会いや驚きの体験が

まだまだ隠されていそうです!

 

反対に

「自分は、もう十分に知っている」と思うと、

自分のいる世界をつまらなく感じるかも知れません。

だって、もう全て知っているんだもの。

ワクワクやドキドキなんて、どこにもない。

 

どんなものごとも(もちろん人も)、

たくさんの面を持っています。

だから、

「知っている」と思っていることは

全体の「ほんの一部分」に過ぎません。

 

世界(宇宙)は、

出会いと驚きと新しい発見に満ちています。

退屈している時間なんて、ありません。

 

今日はどんな体験をするのだろう?

この出会いから何が始まるのだろう?

この道はどこへ続くのだろう?

 

平凡で退屈だと感じる毎日の中にも

無数の出会いや体験が潜んでいて、

それをキャッチすることで世界が広がり

人生の色合いが豊かになると思うのです。

 

知れば知るほど

知らないことが増えてくる

 

これは本当です。

何かひとつ新しく「知る」と、

そこから繋がる新しい世界が

芋づる式に広がっていきます。

 

ところで、私は知りたがりなので

外からは見えないけれど

私の内面がどんどん広がり豊かになる・・

そんな妄想をしています。

 

JUGEMテーマ:コラム

言葉は鎧

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 06:10

先日の記事 やさしい言葉 の続き。

 

言葉は、鎧でもあります。

自分を守るために役立てることも

他人を遠ざける(撃退する?)ために纏うことも

両方の場合がありますね。

 

さらに、言葉は

自分の輪郭を際立たせる作用も持っています。

 

たぶん、多くの人が無意識に

言葉を鎧として使っていると思うのです。

 

実際以上に自分を大きく立派に見せたり

全く逆に

自分をつまらない存在だと強調したり。

 

これって、

豪華できらびやかな衣装で着飾ったり

ボロボロで汚れた衣類を着てみたり

することと同じだと思うのです。

 

どちらも、その人の

「普段の姿」「本当の姿」とは

かけ離れています。

 

その鎧に鋭い刃がついていれば

他の人を傷つけるし、

刃が鎧の内側に向いていれば

自分自身も傷つくことがあります。

 

言葉は、

唇から滑り出た途端に実体化します。

目には見えないけれど、

重さやエネルギーを持っています。

 

だから、

言葉の選び方はとても大切です。

とはいえ言葉は

「思考」や「心」から紡がれるので、

単純に「口にする言葉」だけを

コントロールすることは難しい。

というより、嘘っぽくなってしまいそうです。

 

「言葉を変える」「言葉を選ぶ」ことは、

実は

意識のあり方を変えることに繋がります。

 

今はお休み中ですが、

「スピリチュアル・ヴァイブレーション・ヴォイス」では

言葉と意識を変えるワークも取り入れています。

言葉が変われば人生も変わる!

私自身も、ずいぶん変わりました。

こちらもお読みください。

ご興味をもたれた方は、お問い合わせくださいね!

 

JUGEMテーマ:コラム

やさしい言葉

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 16:09

言葉の選び方は、なかなか難しいです。

情報を伝えるとき、

どの言葉を選ぶかによって

聞き手が受け取る印象はガラッと変わります。

 

主観的に感情を込めて語るか

客観的に淡々と起こったことを語るか、

 

難しい単語や熟語を多用するか

平易なわかりやすい言葉を選ぶか。

 

相手との関係やその場の状況に

よって変わってくるけれど、

話し手の個性(好みや傾向)が

はっきり現れると思います。

 

もう20年以上前、

NHKの「週刊こどもニュース」を

初めて見たときの驚きは

今でもよく覚えています。

 

「虚偽の申告をして」という言い回しを

「嘘をついて」とするだけで、

ニュースの内容がストーンと

理解しやすくなるのです。

 

初代の「お父さん」は池上彰氏、

池上さんは番組の企画をなさったそうです。

 

やさしい(平易な)、シンプルな表現をすると

ものごとの本質が見えやすくなります。

「かけひき」「腹芸」「忖度」などの

政治的な場面には全く適さないけれど

 

私はややこしいことが苦手なので、

なるべく

やさしい客観的な言葉を使うように

しています。

 

ここぞ!という場面だけでなく

日常でも心がけてみると、

人間関係がちょっとずつ

変わってくるように思います。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM