夏至からどこへ?

  • 2018.06.22 Friday
  • 06:32


6月21日は夏至でした。

あまり実感はわかないけれど

これから少しずつ日が短くなり、

12月の冬至に向かっていきます。

 

春分から始まった一年間の周期。

夏までは外の世界に向かって

成長と拡大を続けて行きますが、

 

収穫の秋が近づいてくると

徐々に視点は心の内側にも向かい、

 

バランス良く充実させて内容を深め

知識を英知に変えて自分自身に蓄える

 

そんなイメージをしています。

 

カードを引いてみました。

 

*************************

本来の生き方を見いだす

 

まるで暗闇の中を手探りで

一歩ずつ慎重に進んでいく。

ときには

孤独や無力感にさいなまれる

こともあるでしょう。

 

けれど、気分を変えて

ちょっと目を閉じてご覧なさい。

あなたの心の中は、

実はこの宇宙と同じように大きく

明るい可能性に満ちていることを

ご存じですか?

 

夏至の太陽は、

あなたの心の奥深くまで届きます。

その力強さと輝きは、

あなたを本来の生き方へと導きます。

 

あなたを縛り付けている

こだわりや過去の失敗や何かを

太陽の光にさらしてみると、

あなたに不要なものは

消え去っていきます。

代わりに見えてきたのは、

本来のあなたの輪郭です。

 

夏至の日の太陽には、

そんな特別な力があるんですよ。

*************************

 

なるほど!

本来の生き方を見つけることは

私の最重要テーマでもあるのですが、

『自分らしくありたい』

『自分らしさを見つけたい』などと

他の人との比較をしてしまうと

どんどん辛くなってしまいます。

 

まずは、

体と心の力を抜いてリラックス

すると良さそうです。

 

今日も良い一日を!

 

JUGEMテーマ:コラム

時間をかける

  • 2018.06.10 Sunday
  • 06:41

今は高速化の時代なので、

結果をすぐ数値や形で確認できたり

何でもすぐ手に入ることに価値がある

と思いがちです。

 

確かに、限られた人生の中で

より多くの体験をして

より多くのものを手に入れる、

それを望む人も多いでしょう。

 

ではあるけれど、

 

「ゆっくりだけどスゴイ!」

「時間をかけるだけの価値がある!」

というものごとは

必ずあると思うのです。

 

完成までに長い時間を要するもの

何世代にもわたる研究

一度に少ししか作れないもの

たいていの場合、

この手のものごとはあまり目立たず

特に興味を持っていなければ

素通りしてしまうかも知れません。

 

すぐに結果を知りたい

すぐに手に入れたい、と

ジリジリしているなら、

「時間がかかる」ことは

許しがたいことだろうし。

 

けれど、

「時間をかけた」ものごとは

携わった人の人生を感じさせたり

それ自体が紡いだ物語を

語りかけてきます。

 

たぶん私は、

ものごとの背後にある

物語や歴史が好きなのです。

どんなものごとにも人にも

独自の物語が秘められていて、

それに耳を傾けると

私もその体験を通して

豊かになれる気がします。

 

もともと私は、

多数派よりも少数派贔屓。

流行のものよりも

個性的な一点ものに惹かれる、

というところが

関係しているのでしょう。

 

うっかりしていると

毎日が慌ただしくて

立ち止まる時間もありません。

たまには、

ゆっくり時間をかけることは

誰にとっても得がたい体験に

なるかも知れませんね。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

一年

  • 2018.06.08 Friday
  • 13:32

左の膝蓋骨(膝のお皿)を骨折して、

ようやく一年が過ぎました。

まだ痛みはあるものの、

日常生活に支障はありません。

 

私の場合

膝の周りはとんでもなく腫れ上がったけれど

外傷も出血もなかったので、

「大怪我をした」

という意識が自分では希薄でした。

 

どの部位の怪我も、

体の機能を損ねることです。

特に足と腰の怪我は、

自力で移動が困難になる

というところが致命的。

 

危険から逃げることも

食べ物を取りに行くことも

できなくなってしまうと、

生き延びることは難しい

ですね。

 

そんなことを考えてみると、

当然のように治療を受け

周りの人たちにいたわられて

養生できるありがたさを、

しみじみ感じたのでした。

 

かかりつけのお医者さんに

「自分が怪我をすると、

他の人に優しくなれるよ」

と言われたのですが、

以前よりもほんの少しだけ

他の人の状態に敏感になったような。

 

体の不具合や痛みを

我慢して(無視して)いる人が

本当に多いことにも気づきました。

 

「痛み」は目に見えず、

自分にしかわからないものです。

体の痛みは心の痛みにつながり、

どんどん「生きようとする力」を

奪っていきます。

 

私に何ができるのか

よくわからないのですが、

 

苦しんでいる人の気持ちになってみること、

他人ごとではなく、

自分にも関わりのある問題として捉えること

あたりが第一歩かなあ・・・

なんて思っています。

 

JUGEMテーマ:コラム

誠実さ

  • 2018.05.31 Thursday
  • 14:27

辞書によると「誠実」とは、

 

自分の損得を考えずに

真心をもって人やものごとと向かい合う

 

なのだそうです。

 

人間が備えているべき基本的な「徳」

でもありますね。

 

「自分の損得を考えずに〜」という

言葉だけに囚われてしまうと、

 

本当は自分がしたくないことや

損をしたりダメージを受けることを

他の人を喜ばせるためにする

 

極端な場合には、そんなことも起こりそう。

 

誰かの犠牲になることが

その人を思う気持ちの強さを示している

という美談にすり替わるかも知れません。

 

誠実な人、誠実であることは

さほど簡単なことではなさそうです。

 

自分の気持ちに嘘をつかず

自分の心に誠実であって初めて、

自分以外の人やものごとに

誠実になれるのだと思います。

 

誠実であろうとすると、

不器用とか変わり者とか冷たいとか

そんな評価を受けることが

あるかも知れません。

 

けれど

その場限りの誠実さや

見せかけの誠実さは、

長続きしないように思います。

 

そもそも

「自分の心に誠実でない」

つまり

真実でない=嘘

から始まる関わり方には

必ず無理や矛盾が生まれます。

 

誠実であること

自分の真実を生きること

 

私のこれからの課題です。

 

JUGEMテーマ:コラム

人脈

  • 2018.05.18 Friday
  • 07:34

サロンの大きな石を移動しました。

私一人では持てない石も多くて

途方に暮れていたのですが、

顔の広い知人に相談したら

良い業者さんと繋がりました。

 

お互いのあり方を尊重し合える

何となく波長があい好もしく感じる

穏やかで友好的な関係を築ける

 

そんな間柄の人を介して広がる

できごとや出会いもまた、

「良い感じ」のことが多いようです。

 

携帯電話、インターネット、SNSの普及で

私が子供の頃よりも

人との出会いはずっと簡単になりました。

 

関わる人や状況によるけれど

相手について良く知らないうちに、

 

「相手の人となりをよく理解している」

「あの人は信頼できる人だ」

「自分と共通点があって波長が合う」

「自分のことをよく理解してくれている」

 

などと、根拠なく思い込みやすいのでは?

と感じています。

 

直感的に相手を見抜く運命的な出会い

ということもあるけれど、

 

ちょっとずつ手順を踏んで(?)

時間をかけて親しくなっていく方が

私としては好みだし、

長く続く良い関係を育めるように

思います。

 

相手に勝手な思い込みを持っていると、

その思い込みが違っていたときに

何だか裏切られたような感じがして

せっかく築いた関係をぶち壊す・・・

 

そんなケースは見聞きするし、

私も体験したことがあります。

 

やっぱり人間関係の基本は、

「心」「誠実さ」とともに

「丁寧に育てること」かなあと思うのです。

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM