香り

  • 2019.11.17 Sunday
  • 09:24

11月14日から15日にかけて行われた、大嘗祭。

天皇が即位したときに一度しか行われない儀式です。

皇后の雅子様が着るという、白無垢の十二単・・・

儀式の中でどんな体験をしたのか、想像するだけで怖いです。

 

その大嘗祭の準備のために、

全国津々浦々の8万(くらい?)の神社が

12日に一斉に大祓をしたのだそうです。

どうりで!

お天気のせいもあるのか、以前より空気が清々しい。

日本中が煤払いをしたようなものですね。

 

掃除機をかけたり不要な物を捨てたり洗濯をすると

場所が目に見えてきれいに整うだけでなく、

その場に漂う「雰囲気」もサッパリします。

 

爽やかで清々しい場所の空気には、

清々しい香りが漂っているような気がします。

 

古代から「良い香り」は

浄化のためのアイテムとして活用されてきました。

宗教的な儀式に香料は欠かせないものですが、

神聖さとか浄めるとか魔を除けるなどは

後からつけた理由だろうと思ったりしています。

 

香りと接したときに受ける印象・・・

それは香りを構成する成分の作用によるけれど、

 

その香りについての情報を持っていなくても、

私たちは誰でも香りのメッセージを受け取ります。

香りをキャッチする嗅覚は、

五感の中でたった一つだけ「本能」に直結しています。

 

ということは、

人間は誰でも自分に必要な香りを本能的に見分ける

と言えそうです。

 

私はアロマセラピストでもあるので

日常的に精油と接する機会も多いのですが、

香りの作用は(作用の仕組みを知っていても)

不思議だなあ・・・と思います。

 

香りは身体に働きかける作用だけでなく、

心にも大きく働きかけます。

 

ヴォイス・スキャン(R)を使って

精油のボトルを手に持って声の分析をしてみると、

へえ〜っ!と思うような変化を見ることができます。

 

それから面白いなあと思うのは、

自分が「良い香り」と思う精油を使うことで

より良い効果を感じられるそうです。

 

ヴォイス・スキャン(R)を取り入れたセッションは、

Atelier Hedgehog でも行っています。

 

 

 

JUGEMテーマ:コラム

直感?

  • 2019.11.16 Saturday
  • 10:50

直感を無視すると、後悔することが多々あります。

ネガティブな状況に置かれているときの方が、

直感の声をキャッチしやすいです(私の場合)。

 

順調なときにも直感は使っているはずですが、

「順調」なだけに気づかずスルーすることが

多いのかも知れません。

 

直感は、

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・皮膚感覚の

五感の延長線や背後にある感覚です。

人によって直感の現れ方は様々ですが、

私には「違和感」としてやって来ます。

 

その違和感は

電撃のようにやって来るのではなく、

例えるなら

「靴擦れになりそうな微妙な気配」のように

最初は気のせいかな?と思う程度のことが

時間が経つうちに不安と違和感が高まり、

居ても立ってもいられなくなります。

 

今の社会では、テレビ、Youtube、SNS などが

ありとあらゆる情報を浴びせかけてきます。

大切な情報もどうでも良い情報もインチキも

膨大な情報がすごい速度でやって来るので、

自分の頭で考える暇もなく

知らないうちに巻き込まれてしまいます。

 

ということは、

直感の声を聞く前に動かされてしまう

とも言えそうです。

 

直感は、誰にでも備わっています。

「私には直感なんてない」と思っているあなた、

それは使い方を忘れているだけなんですよ。

 

直感についてのヒントや私の実践していることなどは、

セッションやセミナーでお話ししています。

ご興味のある方は、ぜひ Atelier Hedgehog へどうぞ!

 

 

JUGEMテーマ:コラム

自分って?

  • 2019.11.09 Saturday
  • 22:56

子供の頃の私は、

虚弱体質で大人しくて、いるかいないかわからない子供でした。

周りの大人からは、頭もボンヤリしていると思われていました。

こんなに大人になった今でも

「お前はダメな人間だ」という父の声が不意に蘇ります。

 

自分のことは、というか、自分だからこそ

客観的に距離を置いて淡々と

自分の感情の動きや言葉や行動を見ることは、

本当に難しいものです。

 

自分らしさを大切にする

自分らしく生きる

自分の輝きを発見する

自分の強みを生かす

あなたはあなたのままで素晴らしい

 

こんな感じの文言を、よく見かけます。

何となくホッとする言い回しだし

勇気づけられることも事実です。

 

とはいえ、自分らしさって何よ?

私の良さとか私らしく生きるとか、

具体的にはどういうことなんだろう?

私は、モヤモヤと考えます。

 

身近な人や著名人では、

才能を生かして輝いている人は誰だろう?

そう思って見まわすと・・・

私以外は誰もがキラキラしている気もする。

SNSを眺めてみると、

皆が楽しげで人生の成功者に見えてくる。

 

冷静になって考えてみると

何に喜びや価値を感じるかとか

どんな方向性を目指すのかとか、

持って生まれた資質も属している社会も

みーんな異なります。

 

ということは

人の数だけ生き方はあるわけだし、

そもそも人生に勝ち負けを見ることは

たいへん馬鹿げている。

じゃない?

 

そろそろ、本当の自分として生きませんか?

 

危険を見分けるセンサーや

すすみたい方向へ迷わず進むためのコンパスが、

誰にでも備わっています。

もしかしたら、あなたや私は

センサーやコンパスの使い方を知らなかったり

それがあることを忘れているのかも知れません。

 

私も、コンパスとセンサーがあることを忘れていました。

思い出しさえすれば、

それらがキチンと働いていることを感じられるはずです。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

危機

  • 2019.11.06 Wednesday
  • 23:03

ヒューマンデザインの講座、LYDを受講しました。

LYDは2012年に受講したものの、もう一度学びたくなり

ヴォイス・スキャン(R)繋がりのANOさんの講座へ。

 

ディープで複雑な構成のヒューマンデザインには

占星術の要素もたくさん含まれているので、

少しでも占星術の知識を持っていると

より興味深く楽しめるでしょうか。

 

講座で詰め込まれる情報量に脳はパンク寸前でしたが、

自分のデザイン(チャート)を考察すると

面白いことや符合を発見しました!

 

ヒューマンデザイン的な理解と

占星術的な私の姿と

数秘学から得た知恵や気づきと

現実に体験したできごとを考え合わせて・・

 

私って、危機に直面したとき強いタイプです!

半端なキケンじゃなくって、

生きるか死ぬかの瀬戸際とか

迫り来る脅威をいち早く迎え撃つとか

危機を生き延びる直感とか逃げ道とか。

 

本能に訴えかける危険を察知したとき、

何かのスイッチが入るみたいなのです。

自分の危険を感じ取るのと同様に、

他の人が抱える潜在的な危険も感じたりします。

 

とはいえ、危機が表面化するまでは

私はただの大げさな怖がりに見えるはずです。

だから自分のことはまだしも、

他の人に私が感じたことを伝えられずに

くよくよと悩むこともあります。

 

すっかり面白くなってしまったヒューマンデザイン。

今はちょっと手いっぱいなので、

来年の立春以降に深めるつもりです。

 

ところで皆さん、災害への備えはしていますか?

完璧な備えなどできっこないけれど、

情報を集めたりシミュレーションしたり

気になったら先延ばしをしない方が良いと思います。

 

JUGEMテーマ:コラム

世界の数

  • 2019.10.21 Monday
  • 09:01

世界の見え方は、人によってさまざまです。

 

今まで生きてきた経験や感じたこと、

ふだん暮らしている環境や周りの人との関係、

どんな価値観を持つ社会に属しているか、

何を手に入れて何を手に入れられなかったか、

今日のスケジュールや体調や気分、

などなど・・・

 

一人の人の考え方や発言の背後には、

こんなにたくさんの要素が積み重なっています。

 

ということは、

親しい付き合いの二人が同じ景色を眺めていても

実際に見えている景色はそれぞれ違う

と言えそうです。

これを心の片隅で覚えておくと、

ずいぶん役に立つと気づきました。

 

もちろん社会で生きる上で必要な

最小公倍数的、最大公約数的な「決まり」や

うんと基本的な「倫理」があります。

が、それ以外については

 

その人にとって正しい

その人にとって価値がある

その人にとって好ましい

 

ということに過ぎないのですね。

 

だから、世界や人生は人の数だけある。

何がその人の正解なのか、

それを決められるのは本人だけです。

 

違う観点から言うとすれば

皆が同じだったらものごとは変わらないし、

違いがあるからこそ世界の色合いは豊かになる

ということだろうと思います。

 

今は情報や人の思念がすごい勢いで流れていて、

よっぽど意識していないと

巻き込まれていることすら気づけません。

 

目覚めよ!

なんて思ったりしています。

 

頼りになるのは、自分の感覚です。

ちょっとした違和感や身体の反応を

注意深く観察していくと、

「そうだったのか!」と気づくはずです。

お試し下さい。

 

セッションでも詳しくお話をしています。

詳しくは、こちらへ。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM