創造性

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 11:15

Osho禅タロット 大アルカナ3

Creativity 創造性

※※画像はOshoJapanから

お借りしました※※

 

あらゆる人の内には

創造性が秘められています。

以前の私は、

「創造性」「創造的」について

何か特別なもののように

感じていました。

 

言葉とメロディーを紡ぐ吟遊詩人

神話の世界を再現する芸術家

神々の恩寵を受けた舞踏家

偉大な科学者や発明家

 

ね。

平凡な私には縁のないものだと

思い込んでいたのです。

 

本当は、創造的エネルギーは

世界に満ちあふれています。

もちろん、あなたにも私にも。

 

気づかない(忘れている?)だけで、

誰の心の中にも

虹色の創造性が息づいているのです。

目を閉じて感じてみると、

まるで好奇心旺盛な子供のような

ワクワクとしたエネルギーを

感じられるでしょう。

 

創造性は子供のように素直な心、

型にはまらない自由な感受性

そのものかも知れません。

 

ウキウキして歌を口ずさむことも

日だまりをスキップすることも

部屋の模様替えをすることも

手順良く仕事を進めることも

美味しいパンを焼くことも

すれ違う人に微笑みかけることも

 

あなたの心が喜びを持って

生み出した思いや行動には全て、

創造的なエネルギーが満ちています。

 

自分の「創造性」に気づくことは、

毎日をワクワクと幸せに生きる

近道かも知れません。

 

忙しくて余裕がないと、

身体も表情もこわばってしまいます。

まずは、

美味しいお茶をいれて(創造的にね!)

一休みしてみましょう。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

カード遍歴その4

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 12:15

先日、初めて

「セルフ・セラピー・カード」

というものを体験してきました。

どんなものか全くわからずに

リーディング付きの気軽なセミナーに

出席したのです。

 

とても興味深かったのが

全48枚のうち半数の24枚が

ネガティブな

カードだということです。

 

これって、

ネガティブに見えるけれど

本当はポジティブで良いカード

ということではなく、

 

はっきりと

ここにネガティブなものがある

と指し示しています。

 

場合によっては、

ネガティブなカードが現れると

とてもショックだし

傷つくかも知れません。

 

けれど、実際には

ネガティブな要素を認めることが

ポジティブな方向へ向かう

きっかけになります。

 

妨げたり足を引っ張る要素を

しっかり見極めてこそ、

ものごとはスムーズに進みます。

 

セルフ・セラピー・カードは

少しOsho禅タロットに似ていると

思いました。

このカードの話し方も良い感じ。

潜在意識にフォーカスするので、

問題解決のためだけでなく

瞑想や自分との対話にも

役立ちそうです。

 

そんなわけで、

詳しく学んでみることにしました。

楽しみは広がります。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

あそびごころ

  • 2018.08.16 Thursday
  • 09:17

Osho禅タロット火のペイジ

Playfluness 遊びに満ちる

※※画像はOshoJapanから

お借りしました※※

 

彼女の周りだけ

キラキラしているみたい。

何かうれしいことが

あったのかしら?

 

うん。

今朝は本当に空が青くて。

流れる雲は、

動物のパレードみたいだった。

それにね!

トンボが指先に止まったのよ!

 

えっ?それだけなの?

何か特別に良いことが

あったのかと思ったわ・・・

 

え〜?

だって、見てごらんなさいよ!

空はあんなにきれいだし、

雲だって

まるで伝説の龍みたいに見えるよ!

 

私はビックリしました。

空なんていつも青いし、

雲がどんな形であっても

私には関係ないことです。

 

あれ? 忘れちゃったの?

子供の頃、

二人でよく空を眺めたじゃない。

お話を作ったり

未来の夢を話したり、

とても楽しかったよねえ!

ねえ、また一緒に空を眺めようよ。

 

そういえば。

遠い昔の子供時代には

空を眺めて夢を語り合ったような。

あれから長い年月が流れて、

戦争、飢饉、家族の病気・・・

私は空を眺めることを

忘れていたのでした。

 

子供の頃みたいに

二人で草原に寝転んで

空を眺めていたら、

何だか涙が出てきました・・

 

 

JUGEMテーマ:コラム

戦士

  • 2018.08.02 Thursday
  • 18:22

Osho禅タロット雲のナイト

Fighting 戦い

※画像はOshoJapanから

お借りしました※

 

油断ない眼差し、頑丈な鎧。

彼は、頼もしい戦士です。

万一の事態に備えて、

常に警戒を怠りません。

 

皆で楽しく語らうときも、

彼だけは変わらず

厳しい表情で警備を続けています。

 

ふと、思いました。

 

いつもいつも彼は

油断なく緊張していて、

いったい疲れないのかしら?

鎧を脱ぎ、身体をのばして

ゆっくりくつろぎたいと

思わないのかしら?

 

彼に、問いかけてみました。

「たまには、ゆっくり休んだら?」

 

彼の答えはこうです。

「いつ敵が来るかわからないのに

休むわけにはいかないだろう!」

 

それはそうなんだけど。

この国で最後の戦が起こったのは

もう100年も前のことです。

悲惨な戦いを体験して、

奪い合い殺し合う愚かさに

私たちはようやく気づきました。

だから、今はもう

「敵」なんていないのです。

 

もしかしたら彼の「敵」は、

彼の「恐れ」が生み出した

幻かも知れません。

彼が纏っている鎧は、

本当は繊細で優しい彼の心を

守っているのでしょうか?

 

恐れを乗り越えるには、

ありのままの現実を見つめる

勇気が必要です。

 

彼に、

その勇気が備わっているかしら?

まずは彼のために

温かいお茶を入れることから

始めようと思います。

 

JUGEMテーマ:コラム

カード遍歴その3

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 09:01

先日の記事 カード遍歴その2 の続き。

 

カードと人間には「相性」があると思います。

だから、カードと人間の波長がピタリと合ったとき

すごく「良い仕事」ができるように思います。

 

今は本当にたくさんの種類の

タロットカードやオラクルカードが、

大きな書店やお洒落な雑貨店などに

堂々と(?)展示販売されています。

店の奥にひっそりと置かれていた

以前のことを思えば、

ずいぶん変わったものですね。

 

では、たくさんの種類の中から

どうやって自分のカードを選ぶか。

 

目安の一つとしては、

長い歴史を持っていたり、

多くの人に愛されているもの。

伝統的なタロットカードや、

ドリーン・バーチュー女史による

数多くのオラクルカードなどが

例としてあげられます。

 

制作者の意図が明確でバランスが良く、

多くの人が関わっていく中で

目に見えない「知恵」も

蓄積されていくように感じます。

 

そういえば、

ドリーン・バーチュー女史は2017年に

キリスト教(クリスチャン・サイエンス)の洗礼を受け、

自身が生み出したオラクルカードとは

関わりを絶ったそうです。

「???」と思いましたが、

彼女はオラクルカードを世の中に紹介する

「導管」としての役目を終えた

ということかも知れません。

 

カードとの出会いには、

直感やタイミングも大きく作用します。

初めて見た瞬間、手に取った瞬間に

「これだ!」と心を奪われる出会いも

あると思います。

 

どんな出会いにしても、

新しい友人と親しくなるように

少しずつ根気強くカードの性格を知り、

カードと人間が生み出すハーモニーを

作り上げて行くと良さそうです。

 

Atelier Hedgehogでは

タロット入門講座も行っています。

オラクルカードも受講可能です。

ご希望の方はお問い合わせ下さい。

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM