選択

  • 2019.01.20 Sunday
  • 09:03

今週末は、大学入試センター試験の日。

遙か昔、私の学生時代は「共通一次試験」でした。

不安で慌ただしいあの時期のことは、

たまに夢で見たりします。

 

一世を風靡したボードゲームの「人生ゲーム」。

覚えていますか?

発売されてから、なんと50周年なのだって!

タカラトミーの「人生ゲーム」はこちら

 

サイコロを振ってプレイヤーの進み方を決める。

本人の能力ややる気とは無関係な

「時(運命)のきまぐれ」に

振り回される感じが実際の人生みたいで、

だから面白いのかなあと思います。

 

そう。

生きていると、

無数の選択肢(時の運でもある?)に出会います。

 

選択肢の一つを選ぶということは、

他の選択肢を選ばないことでもあり。

人生全体を視野に収めてみると、

勝ち負けや善し悪しの基準は

人の数だけあると思えてきます。

 

合格者1人の試験に100人応募したら、

99人は絶対に選ばれないわけですね。

この場面だけを見れば、

1人の勝者と99人の敗者なのですが。

 

その99人は

新たな可能性と選択に直面するわけで、

選択して体験する数多くの積み重ねから

その人だけの生き方を見いだします。

タイタニックに乗り遅れた幸運、

みたいな感じね。

 

何かを「得る」ことと、何かを「手放す」こと。

体験して達成するという観点から見ると、

どちらにも大きな意味があります。

この世的には、どうしても

「得る」方を重視しがちだけれど。

 

どんどん話が流れてきました。

誰にとっても言えることは、

 

人生の中で今日が一番若くて

新たな可能性と直面している

 

ということです。

これは、20歳の人も80歳の人も同じ。

 

そして、

体験が多ければ多いほど

その人の人生は深みと味わいを増す

と思うのです。

 

JUGEMテーマ:コラム

 

養生

  • 2019.01.12 Saturday
  • 23:27

珍しく、年末に体調を崩しました。

お正月をのんびりと過ごし、

元気を取り戻して一安心です。

 

疲れがたまって体力が落ちてくると、

ふだんはなりを潜めている持病が

とたんに存在を主張し始めます。

 

「疲れたから休もう!」という

身体からのサインでもあるので、

そういうときは

なるべく休むことにしています。

「一病息災」とはよく言ったものです。

 

健康に必要なものは、

栄養・睡眠と休養・運動なのですが、

私にとって最も難しいものは

睡眠と休養かも知れません。

 

心と体は一体のものなので、

考えごとや心配ごとがあって

心が安まらないときには、

薬の力を借りて眠ったとしても

十分な睡眠や休養には

ならないと思うのです。

 

実は私、10年近く前に

当時の仕事仲間とのトラブルで、

気づいたら不眠になっていたのです。

「徹夜は痩せる」と聞いていたけれど、

一ヶ月で3キロ以上痩せたときには

さすがに焦りました。

 

今は、すっかり元の体重に戻っています。

が、あのときの体験は

私の価値観を変えるきっかけになりました。

(すぐ忘れてしまうけれど)

 

身体が疲れれば心も健康ではいられないし、

心に負担をかければ身体も病んでしまいます。

 

本当は誰でも知っているのにね。

だから、2019年のマイクロ決意その2。

 

疲れたとき、体調が悪いときには

しっかり養生します。

 

皆さんもぜひ!

 

 

JUGEMテーマ:コラム

住人

  • 2019.01.07 Monday
  • 16:01

今までに私は、

住まいの引っ越しを7回経験しています。

場所を移動するたびに

何かが去って行き、何かがやって来ました。

 

環境を変えたから人生も変わっていくのか

人生が変わったから環境も変わるのか、

どちらなのでしょうね?

 

15年ほど前に、

直線距離にして約30メートルの場所へ

引っ越したことがあります。

家具などの大きな家財だけを

プロの業者さんに運んでもらい、

細々したものは

整理しながら自分たちで運びました。

 

引っ越し当日、つまり

「生活の本拠地を移動した日」

のことです。

 

夕方になってから

忘れ物や戸締まりの確認をするために、

空っぽになった元の家に入りました。

 

ほんの8時間前までは

「ごく普通の家」だったのに、

ガランとした建物は

寒々しい「空き家」になっていました。

よそよそしい静けさに包まれていて、

空き家のニオイ(?)も漂っている。

 

短時間でこれだけ変わってしまうのか!

あのときは本当に驚きました。

 

人が住んでいない家は荒れてしまいます。

それって

掃除やメンテナンスが行き届かない

というだけでなく、

長年の記憶や安らげる雰囲気や

目に見えない住人たち(コビトさんや精霊?)も

いなくなるから・・・

そんな風に私は思うのです。

 

ところで、

サロンを新宿に移して約半年が過ぎました。

前にも書いたけれど

軽トラ3台分の商品や何かを手放し

重苦しいしがらみからも解放されて、

本当に良かったと思っています。

 

私物の化石や大きなクリスタルと

手元に残した気に入りの商品も

一緒に引っ越してきたのですが、

不思議なことに

自由が丘に展示していた頃とは

みんな別人のようなのです。

 

昨日は、

レインボークォーツの丸玉を眺めてビックリ。

以前より虹が増えて、キラキラしている!

箱の中に保管していた丸玉も出してみると、

何と全ての丸玉が変わっていました。

 

私は「パワーストーン」という表現は

好きではないのですが、

やはり石には(というか全てのものには)

何かが宿っていると思います。

 

キラキラになった丸玉は商品なので、

セッションの時などにぜひご覧下さいね。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

福袋考

  • 2019.01.05 Saturday
  • 11:25

初売りの福袋は好きで、

新年早々デパートに並ぶことが

我が家の決まりごとになっています。

 

ずっと以前の福袋は

「残り物には福がある」的な感じで、

特に衣類の福袋については

持て余してしまうものの割合が

多かったような気がします。

 

それが時代は変わり、

福袋の中身は「売れ残り」ではなく

「昨日まで定価販売していた」ものが

主流になりました。

「中身が見える福袋」とか

「全身コーデ福袋」もありますね。

 

もうずいぶん前になるけれど、

近所の友人が福袋ハンターでした。

彼女はデパート専門だったので

始発(!)で新宿や渋谷へ赴き、

それぞれのデパートが配る

「福袋の整理券」を

ゲットして回るんだって。

 

私にはそこまでの根性はなく、

デパート開店1時間くらい前から

開店待ちの行列に並ぶのが精いっぱいです。

ここ数年は、

殺気立つ人混みが辛くなってきて

食品売り場の目当ての店へ行くだけで

サッと撤退するようになりました。

年のせいかしらね。

 

今年は

いつも行くお店で福袋が見当たらず

「今年は福袋は?」と聞いてみたら、

大家であるデパート側から

デパートのショッピングサイトで

福袋販売をするよう求められて、

 

自分たちは対面販売をしたいので

今年は福袋販売をやめました

 

店員さんはそう説明してくれました。

それも見識の一つよね。

 

福袋って今や年始の風物(名物?)ですが、

たぶん本来は

常連のお客さんへのサービスとか

新しいお客さんに商品を知ってもらうため

という目的なのだろうと思います。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

視点はさまざま

  • 2019.01.04 Friday
  • 10:40

占星術から見た私は射手座の新月生まれ、

出生チャート上では、主要な4つの惑星

(月も含めると5つ)が3ハウスに入っています。

今さらですが、私はそういう人です。

しみじみと自分の出生チャートを眺めると、

偏り方(個性でもある)がはっきりわかります。

 

占星術的視点から捉えた「私の姿」に

全てを当てはめる必要はないけれど、

 

「こんな見方もあるんだな」

 

という気づきは、

私にとってずいぶん役に立ちました。

 

占星術から見た「私」と数秘学から見た「私」、

重なる部分もあるけれど違う部分もあり

全く同じ「私の姿」ではありません。

 

えー? どっちが正しいの?

 

私もそう思いました。

最初のうちは、

それぞれの「いいとこ取り」を

してみたこともありますが、

今の私の解釈は「どちらも正しい」です。

 

人もものごとも、

とても多くの面を持っています。

占星術も数秘学もタロットも、

それぞれが得意とする視点から

人やものごとを表現します。

 

例えるなら

一輪の薔薇の美しさをたたえるとき、

 

ある人は四行詩で表現し

ある人は彫刻で表現し

ある人は踊りの中に表現し

ある人は香りの中に表現し・・・

 

という風に

表現の手段と視点はさまざまでも

そこに真実が含まれているなら、

「一輪の薔薇の美しさ」

を感じることができるのです。

 

何かに行き詰まったとき、

それはまるで

深い穴に閉じ込められている

ような状態だと思います。

そんなときに

意識的に視点を変えてみると、

解決へのヒントが見つかることが

けっこうあるものです。

 

新しい年、新しい年度を迎える今の時期、

リーディング(セッション)はオススメです。

 

ご予約・お問い合わせなど詳しくは、こちらへ。

 

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM