女子

  • 2019.05.13 Monday
  • 17:04

何がきっかけだったのだろう?

 

はるか昔の子供時代はもちろん

世の中がバブリーな頃まで、

 

女子は女子らしくあるべき

 

そんな価値観の中で生きていたなあ・・・

ということを思い出して

微妙な感慨にふけっています。

 

女の子なんだからスカートを履いたら?

髪が短いなんて女じゃない!

とかね。

 

髪を切ると「失恋したの?」

髪を伸ばせば「好きな人ができたの?」

余計なお世話なんだけど

少なくとも、私の周りはそんな感じでした。

 

そういえば丸の内のOLだった頃、

周囲にパンツ(おズボンね)を履いている女性は

ほぼ皆無だったことを覚えています。

ごく希にパンツスーツの女性を見かけると、

同じ部署の男性社員たちは

批判めいた感想を言っていたような・・・。

 

あれからずいぶん時が流れて、

現在の私はパンツを愛用(スカートも持っているが)、

髪の毛は超がつくほど短い。

 

私は女性の身体に生まれて、

女性としての意識を持っています。

誰に強要されるのではなく、

自分が快適で「しっくりする」装いをして

無理をせずにふるまえる今の状態は

とても幸せだと思います。

 

それがね、本当につい最近

 

あなたはもっと女っぽくならないとね

 

知人(女性)から言われて驚きました。

彼女が「かくあるべし」と思う女性像から

私はかけ離れすぎていたのか?

あるいは、

私は彼女に不快感を与えていたのか?

 

何だかモヤモヤと考えています。

 

つづく・・・

 

JUGEMテーマ:コラム

秘密の花園

  • 2019.05.12 Sunday
  • 14:50

若い頃は全く興味がなかったけれど

今の住まいに引っ越してから

植物による「癒やし」「守護」を実感するようになり、

 

もともと「香り」「ハーブ」「薬草」が

好きだという素地もあったため、

素人ガーデナーとして目覚めたのは

当たり前かも知れません。

 

初めのうちは手当たり次第に

植物を増やしていましたが、

数々の失敗を重ねるうちに

 

・細かい世話を必要としない丈夫さ

・多年草や宿根草や多肉植物

・良い香りがしたり、食べられる実がなる

という栽培基本方針が定まりました。

自宅では露地栽培が適している植物

サロンでは室内で多肉植物という感じで、

何となく棲み分けもしています。

 

旅先で植物園(公園も含む)を訪れる

楽しみも覚えました。

花が多く咲く季節はもちろんのこと、

晩秋や冬の終わりの風情も堪えられません。

 

東京にも、

特徴のある植物園がたくさんあります。

数日前に訪れた植物園には

無数の薬草やハーブがびっしり並び、

気づいたら2時間近く徘徊していました。

ハーブ、アロマ、漢方、フラワーレメディなど

植物療法に興味をお持ちの方には、

「秘密の花園」みたいな場所です。

 

名前のわからない植物に対して

あまり興味を持てないとしても、

その植物の名前がわかった途端に

急にその植物が生き生きと感じられます。

 

これは不思議。

名前ってとても大事なんです!

そんなことも、改めて思ったりして。

 

次は、夢の島熱帯植物館を目指します。

 

JUGEMテーマ:コラム

歩く

  • 2019.05.09 Thursday
  • 12:10

犬と暮らすようになって、散歩をするようになりました。

 

犬と暮らす=犬の健康(体も心も)のために散歩が必要

 

ということでもあるのですが、

ワンコと一緒に近所を探検したり

季節の移り変わりと風の香りを味わったり

いろいろな人やワンコと知り合ったり・・・

毎日、新しい体験をしています。

 

犬のために多くの時間を取られている

そう言えなくもないけれど、

「歩くこと」自体を楽しめるようになって

私の人生も豊かになったと思います。

 

前にも書いたけれど、

気持ちがモヤモヤと落ち着かないときや

ちょっとした頭痛のときも

散歩をしていると、

いつのまにかスッキリしています。

健康法としても、

ウォーキングは簡単で続けやすくオススメです。

 

改めて数えてみると、

先代のアレックス兄ちゃんが来たとき以来

もう25年以上歩き続けています。

ということは、

その間にはアクシデントもあるし

25年分の老化なんかもあるわけです。

 

バイロンは12歳を過ぎて、

それなりに弱ってきています。

家人の怪我や病気もあるし。

私は、2年前の膝の皿骨折をきっかけに

あちこち痛い人になりつつあり・・・・・

 

これではいかん!

 

ある日突然目覚めたので、

ウォーキング強化しています。

サロンから新宿駅まで歩くと約20分。

帰宅するときは一駅前で降りて歩く。

筋肉の疲れには、アロマが大活躍です。

 

意識的に歩くようになって、

体調が少し変わってきたような気がします。

夏になるまで、引き続き歩こうっと。

 

JUGEMテーマ:コラム

一年

  • 2019.05.03 Friday
  • 06:35

平成から令和へ。

耳を澄ませてみると、

深いところで何かが動く気配や

遠くから運ばれてくる何かの匂いを感じます。

 

令和の始まりの日は、

植物の剪定や植え替えや

プランターに野菜の苗を植えたり

園芸三昧の日になりました。

 

プチトマトやキュウリは、

バイロンが毎年楽しみにしています。

 

以前の自由が丘サロンは一軒家でした。

たくさんの鉢植えで賑やかでしたが

引っ越し先の西新宿は、マンション。

ベランダに鉢植えを並べることもできず、

サボテンや多肉植物以外は全て

杉並の住まいへ移しました。

 

早いもので、引っ越しからもう一年です。

自由が丘にあった植物たちが

「とりあえず」ではなく

ようやく落ち着いたような気がします。

 

植え替えや処分など実際の作業も

気持ちの整理や切り替えにも、

一年という時間が必要だったのだなあ・・

なんて改めて感じています。

 

そういえば、

リクガメのオリーブちゃんが来て

そろそろ一年になります。

カメなんて興味もなかったけれど、

縁は不思議なものですね。

節目のときに出会ったオリーブちゃんは、

たぶん「何か」を運んできたのだろうと

思っています。

 

そうそう。

クロモジの枝を剪定したとき、

フッと仄かに

クロモジのあの香りが漂いました。

何だか「ご褒美」のように感じた瞬間でした。

 

まだ連休は続きます。

今日も良い一日を。

 

JUGEMテーマ:コラム

場所

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 11:28

思い浮かべるだけで、心がほっとする場所。

そこへ行けば、安らぎと落ち着きを得られる。

 

あなたに、そんな場所はありますか?

 

美しい景色、力強い大自然、静かな聖域。

幼い頃の記憶と結びついた場所だったり、

夢の中で訪れた現実には存在しない場所

のこともありそうです。

 

えー、考えたこともない!! というあなたも

どんな景色や場所が好きかを

心に聞いてみて下さいね。

 

そういう場所と繋がりを持っていると、

思い浮かべるだけで

その場所の雰囲気(エネルギーと言えそう)が

心に流れ込んで来るようなのです。

たぶん、あなたが好きな場所も

あなたのことを気にかけています。

妄想じゃなく。

 

私には

子供の頃から顔馴染みの木があり、

住んでいる土地との繋がりについても

あれこれ想像します。

バイロンにとっては、

毎日の散歩コースがパワースポットです。

 

それから

一度しか訪れたことはないけれど、

深い縁がある!と思っているイスラエル。

一面に広がる土漠(砂漠ではない)に

懐かしさをひしひしと感じました。

 

友人の縁で訪れるようになった四国。

風が強くて明るくて

古い精霊もうろうろしているようで、

懐かしい場所になりました。

 

難しい状況にぶつかったときや

心が揺れてどうしようもないとき。

 

そんな「心のふるさと」との繋がりは

あなたを勇気づけてくれます。

 

心の中にある「聖域」を訪れる瞑想

なんかもとても興味深いです。

久しぶりに、瞑想会もしてみたいです。

 

・・・試験を終えてからの楽しみが

たくさん思い浮かぶ今日この頃です。

 

JUGEMテーマ:コラム

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM